青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

ミラ チャージランプ点灯

あっという間にゴールデンウィークが目の前です。

連休前に終わらせなければならない仕事が多く、春だというのにチョット気が重いです(笑)

自社の車のタイヤ交換は連休中かな!?


ダイハツ・ミラ (L710S) チャージランプが点くとのことで入庫です。

電話で入庫の連絡をいただいた時に問診は行ったのですが、生憎と入庫時は出張のため不在でした。

出張先から会社に連絡を入れて様子を聞いてみると、現状では症状が出ない (診断結果もOK) とのことでした。

確かに問診時にも 「点きっ放し 」ではなく、「 時々点く 」とのことでした。

このまま出庫してお客様に様子をみていただくことでよいかとの担当者からの質問にちょっと考えます。

現状は良くてもお客様が車を使用中に充電しなくなったら・・・ 

走行中にバッテリー上がりでどうにもできなくなってしまいます。 お客様にも多大な迷惑をかけることに!

私の出した答えはお客様に連絡して時間をいただくこと、オシロでリップル波形を測定しながら様子を見ることでした。

この車の過去の整備履歴と走行距離、その他諸々から現状は異常なしでもオルタネーターの不良だと推測していました。

結果、最初は問題ないリップル波形もアイドリングしているうちに変な波形になり、チャージランプが点灯したそうです。

正常時には14.2Vあった充電電圧も12.8Vにまで低下しました。

その時のリップル波形がコチラ↓


CIMG5113.jpg


リップルの下にクラゲの触手の様なノイズが!

スリップリングとブラシの摩耗またはあたり不良だと思いリビルト品を発注しました。

リビルト品がきたので交換し、内緒ですが古いオルタネーターをバラしてみました(笑)


CIMG5135.jpg


CIMG5130.jpg


CIMG5134.jpg


見事にスリップリングとブラシの摩耗しています!

あたりが良い時は正常で、接触不良を起こすと充電しなくなるんでしょうね。

交換後に測定したリップル波形がコチラ↓


CIMG5156.jpg


惚れ惚れするくらいキレイですね(笑)

なにはともあれ原因もはっきりして、お客様に安心して納車することができました。

もちろんお客様には経緯と原因などについてはしっかりと説明させていただきました。


整備士にとっては「 チャージランプ点灯 = 充電不足 = オルタネーター不良 」かもしれません。

十中八九それで正解だと思います。

でも、配線の不具合は? アースの不具合は? メーターの不具合は? 絶対ないと言えますか?

僅かな可能性でも誤診でお客様に迷惑をかけるようなことは「 プロ 」としてやっちゃいけないことだと思います。

キチンと診断・検査を行い、「 プロ 」の仕事をしたいものです!



スポンサーサイト
  1. 2017/04/21(金) 23:40:36|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一財産!

桜の蕾が膨らんで、ちらほら開花してきた青森です。

青森の観桜会と言えば「 トゲクリガ二 」です!

みなさん、是非今年のゴールデンウィークは青森の桜とトゲクリガ二をお楽しみください!


さて、今日の午後大きな荷物が到着しました。


DSC_1012.jpg


中を開けてみると・・・


DSC_1008.jpg


DSC_1011.jpg


DSC_1010.jpg


この前の表彰式の副賞でした! 一財産できちゃいました(笑)

そして、懇親会の抽選会で当たったこんな物も入ってました!


DSC_1014.jpg


今回優勝という最高の結果を得ることができましたが、これも周りの方々のおかげだと思っています。

常に刺激をくれる同じ志を持った仲間のおかげです。 そんな方々に少しでも近づけるように過ごしてきたからだと!

一番の財産はこの「 仲間 」なんですね!

私の貴重な財産である仲間に感謝X2です!



  1. 2017/04/21(金) 22:37:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BCS全国会議

先週末、横浜へ出張に行ってきました。

首都圏はもう桜が散り始めていましたが、ここ青森はやっと桜の蕾が芽吹き始めました。

青森にもそろそろ桜の季節がやってきそうです!


さて先週末の出張ですが、これに行ってきました。


DSC_0021.jpg


はい、Bosch Car Service( BCS )の全国会議です!

第33回とありますが、もうそんなになるんですね!? 私がBCSに参加したのは平成26年なので、今回が3回目です。

全国会議では、ボッシュの今後の戦略や自動運転などの技術革新についての話を聞きました。

全国会議に続いて、全国コミッティ総会も開催されました。

その席上でもいろいろな話が出ましたが、コミッティ内で整備士のための会を作るとの話が興味深かったです。

このまま技術革新が進み、全てがIT化されると予測される今、整備士のネットワークや情報共有は必要だと思います。

また、個々の整備士のスキルアップも不可欠ですね!

そんなことをこれから全国規模で行っていくとの話に、BCSに加盟して良かったと本当に思います。

そして、全国コミッティ総会にて先頃行われた 「 第1回 BCS Japan Q-CUP 」 の表彰式も行われました。


DSC_0034.jpg


DSC_0040.jpg


DSC_0054.jpg


目の前に居るたくさん方々、眩しいくらいのスポットライトに柄にもなく緊張してしまいました(笑)

その緊張から解放された懇親会、2次会、3次会ではハッチャケちゃいましたが!

今後もこの賞に恥じないように、より一層精進をしていきます!



  1. 2017/04/17(月) 22:31:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カングー キーレス取り付け

春です、春! 日中は暖かな日差しもあり、車内に居ると汗ばむくらいの陽気です。

もう少しすれば桜が咲き乱れることでしょう! 皆様是非弘前城公園に桜を見に来てくださいね!


ルノー・初代カングー (KCK7J) キーレスエントリーの取り付け作業です。

通常カングーのキーレスはコブラキーと言われるキーレススイッチがメインキーとは別になっています。

しかし、今回は下取りした弊社の代車・・・ コブラキーがありません。

キーレスが無いと何かと不便です(笑)

そこで、いつもお世話になる「 ○mazon 」をチェック!

ありました! 約¥2,000でお買い上げです。


CIMG3909.jpg


とりあえず付属の配線図、取り付け要領図に目を通します。 まぁ目を通すだけですが(笑)


CIMG3910.jpg


取り付け要領図を参考に、ドアロック回路を頭に思い浮かべて回路を新設します。


CIMG3914.jpg


基本回路の新設や増設を行う時は、弊社ではエレクトロタップなどではなくハンダ付けします。

ハンダ付けの方が信頼性が高く、耐久性もあります。

最後に作動確認をして作業完了です!


CIMG3911.jpg



ある程度回路がわかれば、この様に回路の新設も可能です。 部品交換よりも安く直ることもありますよ!



  1. 2017/04/06(木) 22:30:27|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BMW E90 ATF交換

つい1週間前は朝起きたら積雪があったりしましたが、北国も最近やっと春めいてきました。

南の方からは桜便りも聞こえてきます。 春はもうすぐです!


BMW・E90 車検整備での入庫です。

このお客様はATF交換をしたいとのことで、わざわざ弊社をご利用くださいました。


CIMG4813.jpg


もちろん車検整備は車検整備でキチンと 「ひと手間を惜しまず」 にやらせていただきました。

特に輸入車は整備時に、 「アダプション」 といわれる初期化作業が必要で、これには専門的な知識と設備が必要となります。

ただ車検を取れれば良いのならは話は別ですが・・・

で、メインのATF交換ですが、走行距離は約10万kmで交換履歴は不明です。


CIMG4794.jpg


左が車から抜いた古いATFで、右が新しいATFです。 

かなり汚れていますね! と言っても、色( 汚れ )だけが重要な訳ではありませんが。

診断の結果、ATF交換が可能なこと、ATF交換後にドライバビリティの向上が見込めると判断しました。

そして車の状態、お客様の使用状況や希望などを総合的に判断して、今回は裏メニューでの交換をお勧めしました。

裏メニューでの交換は手間と時間、費用が掛かりますが、車に負荷やストレスを掛けずにATF交換が可能です。

そして何よりATF交換の効果を体感していただけると思います。

ATF交換後は発進時や加速時でドライバビリティの改善がみられました。 回を重ねる毎にもっともっと良くなるかと思います。

過走行、無交換( 交換履歴不明 )のATFは絶対に交換できないわけではありません。 

ただし、キチンと診断をしてからでないとAT故障の原因にもなりますので注意が必要です!



よくネットなどでATFを全交換するにはかなりの新油を使わなければいけない・・・ という記事を見ます。

確かにその通りです。 

何回交換しても通常は100%新油にはなりません。 限りなく100%に近づくだけです。

でも、考えてみてください。 何のためにATFを交換するのですか? 新油の色にするためですか!?

内部に多小なりとも堆積物がある状態で新油100%の状態にするのは逆に危険です。

新油の洗浄作用が強すぎて堆積物を根こそぎ剥がし、油路に堆積物を詰まらせてしまう可能性が高いからです。

ATは繊細で緻密な構造です。 知識と技術、設備のある整備工場での交換をお勧めします!



  1. 2017/03/29(水) 17:44:52|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (40)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR