FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

マーチ エンジン警告灯点灯

青森も3月になり、すっかり春の陽気です!

これから桜の季節になり、穏やかで過ごしやすい日々がもうそこまで来ています。

私事ですがうちの長男も無事に進級が決まり、スーツを買ってやりながらデカくなったなぁと感慨に耽りました(笑)


ニッサン・マーチ (BNK12) エンジン警告灯が点灯するとことで入庫です。

このマーチのエンジンはCR14DEで、初期の頃はエンジンオイルの規定量が3Lになっていました。

その後、エンジンオイルの規定量が知らないうちにサービスデータでも3.5Lになっていた車です(笑)

こちらが初期のオイルレベルゲージ


100


こちらが対策後のオイルレベルゲージ


101


同じエンジンなのにオイルレベルゲージの長さ (オイル量 ) がこんなに違います!


102


ちなみに、対策部品はオイルレベルゲージではなく、ゲージガイドチューブです(笑)

初期の頃のレベルゲージが付いている車は、エンジンオイルの量にお気をつけ下さい!

なんでこんな話をするかと言うと、今回のトラブルの原因はエンジンオイルにあるからだと推測されるからです。

この車も約7年前に弊社で中古車販売時に対策品のレベルゲージに交換済みの車でした。

ただし、新車時から約10年は他社にてメンテナンスされていたので、その頃のメンテナンス状況は不明です。

今回、警告灯点灯の原因となったフォルトコードは「 P0340 PHASE信号系統異常 」と「 P1110 VTC駆動系統 」でした。

可変バルブタイミングシステム (インテークカムシャフトのバルブタイミングを変える) のトラブルです。

エンジンコントロールユニッットの目標値と実測値の間に一定以上のズレがあるとこのコードがメモリーされます。

基本にそって診断・検査を行っていくと、VTCコントロールバルブが固着していました。


CIMG2516.jpg


このバルブでインテークカムのVTCアクチュエーターの油圧を変化させ進角・遅角をコントロールしています。

なので、固着するとVTCアクチュエーターを制御できなくなります。 ここを正常にしないと先には進めないので交換します。

また、このエンジンの故障事例として多いのは、タイミングチェーンの伸びです。

このタイミングチェーンの伸びがエンジンオイルの量やエンジンオイルのメンテナンス状況によって影響を受けます。

なるべく診断・検査は手間を掛けずに正確に行いたいので、オシロスコープの出番です。


be1.jpg


上のCH1 (黒) が「 PHASE (カム) 信号 」で、下のCH2 (赤) が「 POS (クランク) 信号 」です。

POS信号のリファレンスの立下りよりも、PHASE信号の立上がりが遅れています。 残念ながらタイミングチェーンの伸びです。

実際にタイミングチェーンを外して、新品との長さを比較してみます。


CIMG2581.jpg


みごとに?伸びています!

タイミングチェーン類を交換して、再度オシロスコープにて信号波形を確認します。


af1.jpg


今度はPOS信号のリファレンスの立下りよりも、PHASE信号の立上がりが進んでいます。

タイミングチェーンの交換前後の信号の様子を比較するとこうなります。 (上が交換後で、下が交換前)


00.jpg


時間にして約2.5ms交換前が遅れているのがわかります。 この遅れ分がタイミングチェーンの伸びた分になります。

もともとエンジン警告灯が点灯する以外は特に不調もなかったので、予想外の大修理になってしまいました。

ただし、このまま乗り続けていたらエンジンストールや不始動、エンジンの異音なんかの症状がでたと思いますが・・・


最近の車は制御系に多くのシステムが組み込まれています。

また、制御も緻密になり、不調などの症状はなくても閾値を超えただけで警告灯を点灯させます。

これからの自動車整備はオシロスコープなどの測定機器が不可欠だと思います。



スポンサーサイト
  1. 2019/03/04(月) 15:45:33|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMWミニ クラブマン エンジンオイル漏れ

ここ青森もめっきり春らしくなり、夜でもプラスの気温です。

あれだけあった雪も溶けてきて、春がそこまで来ています。


BMWミニ・クラブマン (R55) がエンジンオイル漏れで入庫です。

定番中の定番、ヘッドカバーガスケットからのエンジンオイルの漏れがあります。


CIMG2296.jpg


また、シリンダーブロックを伝って下までかなりのオイルが漏れいるので、カバーガスケット以外からも漏れていそうです。

可能性としては、厄介なアイツかな・・・?


CIMG2299.jpg


予想通りオイルエレメントハウジングのガスケットからも漏れていました。(笑)


CIMG2369.jpg


ただ、このハウジングガスケットの交換が大変なんです・・・


CIMG2370_20190223111220b61.jpg


画像のようにキャタラーザー (触媒) を外さないとアクセスできません。 キャタライザーを外してハウジングを外します。


CIMG2374_201902231112242ff.jpg


お約束のように、ガスケットはプラスチックのようになっていて、パキパキと割れてしまいます。

オイルクーラーガスケットも交換して、交換したガスケット3連発です(笑)


CIMG2355.jpg


CIMG2375.jpg


CIMG2377.jpg


画像からもガスケットの硬化した様子がわかっていただけるかと思います。

輸入車はゴム、プラスチック製品の品質が日本製に比べてあまり良くないのかなと思います。

もちろん、高温多湿な日本が独特なのかもしれませんが・・・


輸入車は部品代が安くても交換に手間がかかり高額な整備になることも多々あります。

まぁ、基本的に部品代も高いんですが(笑)

だからこそ、キチンとした診断や検査が必要不可欠なんだと思います。

青森県で輸入車にお乗りで整備の事でお困りのお客様は是非お問い合わせください!

もちろん、県外のお客様も大歓迎です。



  1. 2019/02/23(土) 12:32:09|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランスポンダ (電子キー) の話!

立春を超え、旧正月へと!

青森も春めいた陽気だったり雪が降らなかったりと、少しずつですが確実に春の訪れが近づいています。

厳しい冬から暖かい春へと、待ち遠しい気持ちを抑えられません(笑)


今回はお付き合いのある某業者さんのリクエストで、最近増えてきているトランスポンダ (電子キー) のお話です!

トランスポンダ (Transponder) はTRANSmitter (送信機) とresPONDER (応答機) からの合成語で・・・

と、 Wikipediaにあります。

スマートキーとかインテリジェントキーとかアクセスキーとかアドバンスキーとかのことで、メーカーによって呼称は様々です。


暗電流(キーなし)


上のグラフはとある車の暗電流を24時間検査したものです。

暗電流値は変動しますが、1番大きかったところで約60mAありました。


暗電流(キーあり)


今度はトランスポンダ (電子キー) を市売内に置いたままで暗電流を測定してみました。

暗電流が約90mAと、コンスタントに先程の1.5倍流れています。 電圧も40分程で0.1V低下しました。

近年の車は多数のコントロールユニットが装着されていて、ユニットにはたくさんのコンピューターが内蔵されています。

一般的には高年式、ハイグレードになるほどコンピューターの数は増えていきます。

このコンピューターのバックアップなどに使用される電力が「 暗電流 」といわれているものです。

キースイッチをOFFにしてもナビやテレビ、時計やオーディオの設定って消えないですよね?

同様にエンジンやミッション、ボディ電装品などの設定も記憶しています。

キースイッチがOFFになっていても回路に電気を流して、コンピューターのデータを消えないようにしているんです。

また、起動時には素早く対応できるようスリープ状態にするためにも、電気を流しておかなければダメです。

キースイッチをONにしてからエンジンがかかるまで、パソコンが立ち上がるくらいの時間が必要な車ってイヤですよね(笑)

一般的な暗電流の基準値としては、30mA以下といわれていますが、先程述べたように車によって若干異なります。

ユニット (コンピュータ) の数が多ければ50mAとかのもあります。 (コンスタントではなく時間で変動する)

暗電流が100mAとかになると、バッテリー上がりの原因となります。

田舎にはありがちですが、もしも車庫に車を入れてトランスポンダを車内に置いたままにしていたら・・・

トランスポンダはその性質上、車内にあると車のユニットと通信を行います。

そのため状況によってはスリープ状態にならなかったり、なっても時間がかかったりで暗電流が多くなります。

結果、バッテリー上がりの可能性がでてきますし、上がらないまでも確実にバッテリーの劣化の原因にはなります。

ねっ、車を長時間駐車するときにはトランスポンダを車外に出さなければいけない理由がわかりましたね(笑)

最近は新しい盗難の方法として「 リレーアタック 」と呼ばれるものも登場してきました。

これもトランスポンダ独自のものですが、そのお話はそのうちまた・・・



  1. 2019/02/06(水) 13:18:53|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMWミニ クラブマン 冷却水漏れ

ここ青森は毎日寒い日が続いております。

また、今シーズンは雪が少なくっていいなぁ~と思っていたのもつかの間、雪が多いと感じるようになってきました。

まぁ、雪が降ったとしてもあと一月! 暖かい春を妄想して頑張っていきます(笑)


BMWミニ・クラブマン (R55)

寒い日が続いた時に、たまたま前に黒い車が停車していて自分の車から煙が出ていたのにお客様が気づいての入庫です。

問診させていただくと、煙の様子や場所からどうやらエクスパンションタンクからの漏れが疑わしいです。

エクスパンションタンクの水量を確認するとMINレベルまで減っています。

んっ!? 若干の違和感を感じながら、冷却水のレベルを調整して加圧検査にて漏れの点検を行っていきます。


CIMG2307.jpg


確かにエクスパンションタンクのつなぎ目から漏れがあります。 ミニでは定番箇所ですね!

がっ、漏れているつなぎ目はMAXレベルとMINレベルのちょうど真ん中くらいの位置です。

入庫時の冷却水レベルから考えても他にも漏れている箇所がありそうです。

加圧した状態で心当たりの箇所を点検していくと、やはりウォーターポンプからも漏れていました。


CIMG2358.jpg


こちらもミニの定番箇所ですね!

画像では漏れ箇所をわかりやすくするためにプーリーが外してありますが、実はこの車のシステムがちょっと変わっています。

何が変わっているかというと、ウォーターポンプはベルト駆動ではなく摩擦プーリーによる駆動となっています。

クランクプーリー → 摩擦ホイール → ウォーターポンプ と、プーリー同士が直に接触しながら動力を伝えていきます。

そして、ドライブベルトを外す時にSST (特殊工具) が無いとかなり大変です!

なぜかって、ドライブベルを張っているテンショナーを動かすのにメチャメチャクリアランスが無いんです。

SSTが無ければ周辺をバラしてクリアランスを作るか、ムチャをするかのどちらかです(笑)

ちなみに当社ではSSTがありますのでご安心ください。

ちょっと本題から外れてしまいました(笑)

漏れていたウォーターポンプですが、パーツが変更となっています。


CIMG2360.jpg


形状と材質が変わっていますね!

エクスパンションタンクとウォーターポンプを交換し、加圧検査にて漏れがないことを再度確認し、冷却水を補充して完了です。

定番箇所なのでミニに乗られている方は点検してみることをお勧めいたします!

あっ、サーモケースもよく逝きますよ!


今回の整備も、お客様の訴える煙の原因であるエクスパンションタンクの交換だけで終えていたら危なかったと思います。

何が?って、もしもエクスパンションタンクだけを交換していたら、ウォーターポンプから漏れが酷くなり最悪オーバーヒートです。

お客様のお話をお聞きすること、理論立てた診断をすること、お客様に現状説明と整備提案ができること・・・

この当たり前のことをキチンとすることが、とても重要なことなんだと思います。

お客様の愛車をグッドコンディションにたもつには、お客様と整備工場の二人三脚が不可欠だと思います。

そして、当社はそんな整備工場を目指しています!



  1. 2019/01/29(火) 21:59:31|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アウディA4 オーバーヒート

いよいよ師走ですね! 暖冬なのか、今年は雪の無い12月を過ごしています。

予約をいただいているお客様の仕事を年を超すことなく仕上げられるようにあと一月頑張ります!


アウディ・A4 (B6) がオーバーヒートしたとのことでレッカーされての入庫です。

とりあえず症状を確認するためにエンジンを始動します・・・ が、ガラガラとイヤな音に速攻でエンジンを止めます(汗)

エンジンの始動をあきらめて、フォルトコードの点検と冷却系統の加圧検査、電動ファンの点検などを行っていきます。

検査結果とガラガラ音からウォーターポンプのトラブルですが、この車のウォーターポンプの点検はなかなか容易ではありません。

ウォーターポンプにアクセスするにはフロントバンパー、ヘッドライト、フロントパネルなどのバラしが必要です。

気合一発バラしにかかります(笑)


CIMG2214.jpg


これでようやくタイミングベルトカバーにアクセスできます。

ここからタイミングベルトカバーを開けていくと、やっとお目当てのウォーターポンプです。


CIMG2219.jpg


ウォーターポンプを外すと、予想通り樹脂製のインペラが破損していました。


CIMG2225.jpg


新品と比べてみると一目瞭然ですね!


CIMG2274.jpg


タイミングベルトも同時交換した方が良いので点検すると・・・ 


CIMG2228.jpg


CIMG112300


写真のようにヒビがはいっていて切れる寸前でした! ってか、コマが飛んでます ((((;゚Д゚)))))))

もしタイミングベルトが切れたらエンジンが逝ってしまいます!

寧ろオーバーヒートしたのは不幸中の幸いだったのではないでしょうか?

ウオーターポンプ、タイミングベルトやテンションプーリーなどを交換して組み上げていきます。


CIMG2284.jpg


あとは外したフロントパネル、ヘッドライト、フロントバンパーを元通りに組み上げて完成です。

整備後のエンジン始動時にかぶらせてしまいちょっと青くなりましたが! いや、かなり青くなりました(笑)


もしもタイミングベルトが切れてしまったら? と考えると本当に良かったです。

一説にはAMBエンジンのタイミングベルトは18万kmでの交換になっているようですが、これを見ちゃうと怖いですね!

やっぱり車はキチンとした定期的なメンテナンスが不可欠です。

輸入車のメンテナンスでお困りのお客様は是非お問い合わせください!



  1. 2018/12/04(火) 22:15:07|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (60)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR