FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

カングー(KCK7J) ショックが出てAT警告灯点灯 その2

今日はお盆ですね。 帰省や旅行の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

暑いですから熱中症にはお気をつけ下さい。

また、車も暑いとオーバーヒートやパンクに要注意です。 ロングドライブの予定がある方は、出発前に点検しましょう!


遅くなりましたが、カングーAT (DPO) の不具合その2です。 長谷川様、大変長らくお待たせいたしました(笑)

前回のブログでアップしたように、シフトパターンは理解できました。 ここからは不具合箇所の切り分けです。

不具合箇所を切り分ける時には、特定箇所で しか不具合が出ないのか、全体的に不具合が出るのかで切り分けていきます。

データモニタをしながらテスト走行をします。



※見難いですが、1番上が 「 oil pressure 」 、 2番目が 「 reference pressure 」 です。


「 reference pressure 」 に対して実測の 「 oil pressure 」 の追従がきれいではありません。

「 吹け上がり (滑り) 」 の時は低く、 「 チェック点灯 (ショック) 」 の時は高くなっています。 

また、警告灯点灯の走行時には「 reference pressure 」 は 「 21bar 」 で固定になります。(シフトは3速固定)

当然、目標圧 ( reference pressure ) に対して実測圧 ( oil pressure ) が低いと吹け上がります。

逆に、目標圧 ( reference pressure ) に対して実測圧 ( oil pressure ) が高いとショックが出ます。

データを取りながらテスト走行を繰り返しますが、どうやら特定シフトのみに出る不具合ではありません。

・・・と言うことで、全体的に影響を及ぼすラインプレッシャー系のトラブルと診断結果を出しました。

早速バルブボディを取りはずしていきます。


CIMG2277.jpg


これを分解すると・・・


CIMG2828.jpg


思っていたよりきれいで、スラッジなどの堆積物もありません。 バラしたついでにバルブボディは清掃します。

今回のトラブルの原因となった 「 プレッシャーソレノイド 」 を2個交換します。 ( 右側が新品 )


CIMG2840.jpg


最後にオイルパンを清掃し、オイルパンパッキンを新品に交換して組み付けます。

新しいATFに交換します。 ATFはもちろん当社一押し、 「 ルブテック ・ SpecⅢ+X 」 です!

作業が終わると再びテスト走行です。 作業前に比べると、吹け上がりも無く、イヤなシフトショックも無くなりました。

なにかと悪評の多いDPO ( AL4 ) ですが、ATFのメンテナンスは絶対に必要だと当社は思っています。

本国と日本の使用環境の違いやなんかで、ATF ( 添加剤 ) が劣化して悪さをするんじゃないかと・・・

ちなみにソレノイドの抵抗値には特に異常はありませんでした。


ネットでは諸説ある 「 ATF交換 」 ですが、チャンとしたATFをチャンとした手順で交換することを条件に 「 あり 」 だと思います。

当社はチャンと 「 ATF交換 」 をやっています!



スポンサーサイト
  1. 2016/08/13(土) 13:27:36|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様からのメール

先週末に所要で関東へ行ってきました。 いゃ~、関東は暴力的な暑さですね! 東北の暑さとは比べものになりません(笑)

まだまだ残暑厳しいと思いますので、みなさまご自愛くださいませ…


お客様からありがたいメールを頂戴したので、PRを兼ねて紹介したいと思います。


(有)須藤ヂャイアント商会御中

レガシィB4の車検でお世話になった○○市のKです。その節はお世話になりました。

愛車は、ヂァイアント商会様の「一手間を惜しまない」完璧な整備のおかげで快調に動いています。

今日は、1ヶ月後の報告としてメールしました。

車検整備と合わせて①エンジンオイル減少対策、②ATトランスミッションオイル交換、③後席進行方向左窓の開閉、④変速機のシフトアップ及びシフトダウン時のショック対策をお願いいたしました。

①: 10W-40のオイルにして頂き、オイル減少は観察されていません。社長が予見していた通り、分子構造が細かなオイルによって作られる分子レベルの薄い皮膜が内燃機の内側に良い影響を与えているのだと思います。ルブテックオイルに変えてからオイル減少が観察されるようになったのは、積年のスラッジなどの汚れが質の高いオイルによって洗浄された証拠と見れば、かえって良い現象だったのだと思います。社長と出会わず、ルブテックオイルを紹介されず、何のこだわりもないオイルを使い続けていたら、恐らく、蓄積された汚れがエンジン内にたまり、気づいたときには、エンジンストップ。再起不能となっていたことでしょう。

②④: シフトアップ、シフトダウンの変速ショックが完全に無くなっています。質のよいトランスミッションオイルとコンピュータープログラムのリセット、そして何よりも、社長様とスタッフ様の実走行による完璧な調整のおかげだと思います。ちょっとクルマにはうるさい二人の後輩を乗せたところ、今まで同乗者として気になっていた変速ショックが 皆無になっていることに大変驚いていました。

先月の末に、安比高原のホテルをベースキャンプにしながら盛岡の会場まで、とあるイベントのために3日間高速道路を用いて「通勤」する機会に恵まれました。昨年も同時期に、つまり、ヂァイアント商会様と出会う前におなじことを経験しましたが、今年は、去年と同じクルマに乗っているとは思えないほど静かで、ショックのない快適なドライビングを楽しむことができました。

安比高原からはアップダウンのあるそれほど険しくはない山道。高速道路は、途中なだらかながら数キロに及ぶ上りと下り坂。市内の幹線道路。と、特徴ある道路状況でしたが、静かで、快適。昨年と、別のクルマで往復している錯覚さえ覚えました。これこそ、求めていた、ボクサーシックスの理論的には振動を打ち消しあってゼロにすることから来る静粛性だと思いました。まるで、新車に乗っているようです。

インジェクションクリーナーもエンジン回転の潤滑性へ良い影響を与えているのだと思います。 少しの誇張をお許しいただければ、シルキー&スムーズの誉れ高いあの BMWの直6エンジンにも比肩する静粛性と円滑性を両立させていると思います。聞こえるのは、タイヤが路面を駆る音と風切音だけだからです。

このように、クルマ本来の性能を引き出せたのも、「一手間を惜しまない」御社の経営理念によるところが大きいと思います。これまで、個人的には、S47年式日産サニーを皮切りに、ホンダアコードGX初代ハッチバック、ワンダーシビック25i, 初代レガシィセダン(ブライトン)、初代レガシィセダンGTターボ、レガシィTW BH9(2500CC),そして、レガシィTW BHE(GT30)と、乗り継ぎ、SUBARUのディーラーを含め、埼玉県と青森県内の合計4つの整備工場のお世話になってきました。御社が5軒目です。

ここまで、親身になり、質が高く、納得のいく整備をしていただけたのは、初めてです。事実、こんなこともありました。現車 3.0Rのタイヤ付近から、時速60キロを過ぎた辺りから発生する異音の解決を求めて青森○○○のディーラーを訪ねた時のことです。顔なじみの担当は、 「ブレーキドラムを分解清掃すればいいんだけど、今は車検でもそこまではやらなくなっているし、まあ、ドラムが逝かれたら新品と交換すれば治るので、それまで乗ったらどうですか?」と、何の役にも立たない返答に愕然としました。

須藤社長と出会ったのはその2ヶ月後のことです。社長は、こちらから、○○○のディーラーでの話を持ち出すまでもなく、「うちは、車検整備の時に、ブレーキドラムの分解修理まで普通にやりますから」とおっしゃいました。その時です。「このかたの整備なら信頼できる」と感じたのは。はじめは、エンジンオイルから、そして今回の車検整備とそれに付随した整備でお世話になることになりました。よい決断をしたと思っています。

③: 開閉できるようになって重宝しています。夏の籠った熱気を逃すのに助かっています。

特記事項: ドライブシャフトのブーツ交換もありがとうございました。社長のおっしゃっていた通り、交換後しばらくは、高速走行した直後に、匂いが残りましたが、1ヶ月が過ぎた今では、マフラーに付着したグリスがすっかり蒸発したせいか、全く臭わなくなりました。お陰様でした。

これから長いお付き合いになるかと思いますが、今後とも宜しくお願い致します。

長々と書き連ねた文章におつきあいいただきありがとうございました。尚、この報告は、感謝の気持ちをお伝えするために書いたものですが、私の名前を出さないことを前提条件として、御社のPRの一つとしてご活用いただいても構いません。お役に立てれば幸いです。

感謝を込めて、以上、ご報告致します。

○○市  K



こちらが恐縮してしまうくらいの過分なお言葉を頂戴いたしました。

整備士をやっていて、自動車整備工場をやっていて、こんなに嬉しいことはございません。

K様、ありがとうございます。 こちらこそ、末永いお付き合いよろしくお願いいたします m(_ _)m


当社では「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに日々の仕事を行っています。

「ひと手間を惜しまない」と言うと、何か特別なように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

車が車として機能するために、当たり前のことを手を抜かずにやるだけのことです。 ただし、チョット高いレベルで!

そのためには車に対する知識だけではなく、電気・情報処理・化学・物理・数学…などなどの知識が必要不可欠です。

もちろん当社では高いレベルで作業を行えるように、日々の精進を怠りません。

他社での対応に不満があるお客様、セカンドオピニオンをお求めのお客様、やってみたいことがあるお客様…

車のことでお困りの際には、是非当社にご相談ください


BOCSHのワイパーもありがとうございました。撥水処理が施してあるのでふき取りムラがまったくなくなり、ワイパーでふき取った部分とそうでない部分を比較すると一目瞭然、視界が良好です。

ワイパーを交換したことを知らなかった妻が、「水滴が細くなったね」「ワイパーが届かないところと全然違うね」と、言っていました。車に詳しくない女性でも、一目瞭然でした。

「須藤社長が、撥水処理が施されたワイパーをサービスで交換してくれたんだよ」と、言うと、「へぇ〜、そこまでしてくれるんだ」と感動していました。良いものを提供してくださり、ありがとうございました。

以上、追記します。

○○市  K



追記と題して頂戴したメールですが、BOSCH「シリコンプレッテ」 、お陰様で大好評いただいております!

お求めの際は是非 Bosch Car Service の当社で!


※ 今回はお客様からお名前を出さないことを条件に、PRに利用してもよい旨の了承をいただきました。
  一部伏字としてありますが、それ以外は原文のまま使用させていただきました。
  



  1. 2016/08/10(水) 18:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (56)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR