FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

ハイゼット 時々エンジンが吹けなくなる

西日本では豪雨災害の被害にあった方々が大勢いらっしゃいます。

一日も早く平和な日常が戻ってくることを心よりお祈りいたします。


青森も短い夏がやってきて、連日暑い日が続いております。 私も暑さに負けることなく日々精進してまいります!


ダイハツ・ハイゼット (S210P) 時々エンジンが吹けなくなるとのことで入庫です。

まずは走行テストに出かけます・・・ がっ、一向に症状らしきものを確認できません。

何度もトライしてみても症状がでません。

これではどうしようもないので、攻め方を変えてシステムの中で不具合の可能性のあるところを検査していきます。

問題のないところを消していく消去法に切り替えです。

ただ、困ったことにこのハイゼットはいわくつきのEF‐SEエンジンなんですよね・・・

EF‐SEエンジンについての詳細は割愛しますが、ちょっと変わったスロットルと吸入空気の計測方法になっています。

診断機のデーターモニターにて各部の信号を点検していきますが、特におかしいところがありません。

まぁ、症状がでないことから考えても想定の範囲内です(笑)

まずはインジェクターの波形を点検します。


DSC_0008_21.jpg


インジェクターピークもキレイにでてるし、各シリンダーでズレもありません。

次にスロットルポジションセンサの点検です。


DSC_0006_31.jpg


こちらもノイズも無く、断線や短絡も見受けられません。


次に燃圧の点検です。

燃圧系をセットしてテスト走行をすると、燃圧自体は0.32MPaと問題ないのですがなんか違和感が!

時々小刻みに振れることがあります。

ただし、今まで経験した0.01MPaくらいの振れよりもかなり小さく、よく見ないとわからないくらいです。

この車のフューエルシステムはリターンレスなので、プレッシャーレギュレーターが怪しいと判断してタンクを降ろします。

外したフューエルポンプ内のプレッシャーレギュレーターがこちら↓


CIMG1366.jpg


見事に錆びています(笑) フューエルタンク内もかなり錆です。


CIMG1419.jpg


新しい(中古)フューエルタンクと比べてみるとハッキリわかります!


CIMG1418.jpg


これらのことから、フューエルタンク内も錆(汚れ)が燃料の供給をイタズラして吹けなくなっていると判断しました。

フューエルタンク(中古)、フューエルポンプASSYを交換し、フューエルラインを清掃して作業完了となりました!


整備士からすると症状のでないトラブルはホントに厄介です。 システムや理屈をよく理解しないとダメですね。

「 全ての物事には理由がある! 」

こんなとこにも「 メカトロクラブみちのく 」で教わったことが役に立ちます。



スポンサーサイト
  1. 2018/07/18(水) 23:02:54|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (60)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR