FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

MINIクラブマン コーディング

台風25号のの被害を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

幸いなことに青森は台風25号の被害もほぼなく、今年もおいしいリンゴをお世話になったみなさまにお届けできそうです!

これから冬までの間は食べ物も美味しく、紅葉も映える良い季節ですね。


以前に作業させていただいた、BMW・MINIクラブマン (R55) のコーディングです!

お客様曰く、狭い駐車場だと隣の車とのスペースが無く、乗り降りが大変だとのこと。

そういえばクラブマンって意外とドアがデカいですよね(笑)

リモートキーを長押ししてウインドウを閉めたいとのことで、コーディングのご依頼をいただきました。





コーディング後はこんな感じです。 これだとウインドウを開けて降りれるので、駐車スペースが狭くても大丈夫ですね!

お客様にも大変喜んでいただきました。 お客様に喜んでいただけると整備士冥利につきますね。


最近はネットなどでもコーディングキットが売られていますが、ほぼ全て自己責任です。

コンピュータにアクセスするのでリスクはありますし、当然と言えば当然ですよね。

青森県はコーディングを商品にしているところはかなり少ないと思います。

コーディングしたいけど、自己責任でリスクを負ってまではちょっと・・・ という方は是非当社にお問い合わせしてみてください。




  1. 2018/10/07(日) 20:46:21|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW116i エンジン不始動 その2

朝晩の寒暖の差が激しい日が続いておりますが、みなさま体調崩してなどおりませんか?

私事ではありますが、2,3日前から右目の腫れと充血に苦しんでおります。

9月もあと少し! 気持ちよく10月を迎えたいものです。


さて、エンジン不始動のF20の続編です!

水温センサの不良によりエンジンがかからないことが判明しましたが、冷却水漏れの跡がみつかりました。

なので、加圧して冷却水漏れの検査を行っていきます。


CIMG1689.jpg


やはりエンジン後端部からの漏れがミッションに伝わってくるようで、加圧すると激しく漏れてきます。


CIMG1690.jpg


お客様に現状の報告を兼ね再度お話を聞いてみると、少し前から冷却水を足しながら使用されていたことがわかりました。

漏れた個所を探っていくと、水温センサが付く「 流出防止ストッパー 」からの漏れでした。


ba8c67a38a837bdc2b502e9bd9d1fb9c1.jpg


部品構成でいくと緑丸の「 1 」がアッセンブルになります。 よく漏れるのに、「 流出防止ストッパー 」とはこれいかに?(笑)

取り外したパーツを見てみると、水温センサのコネクタ部からの漏れくさいですね。


CIMG1712.jpg


パーツを新品に交換して、再度加圧による冷却水の漏れ検査を行い、問題がないことを確認します。

確認後にエンジン始動を試みると、一発始動です! 


34.jpg


ちょっと気になっていたエンジンオイル温度とクーラント出口温度も問題のない値になりました。


弊社では「 診断料 」、「 検査料 」は頂戴いたしますが、その結果を元にお客様に整備提案をさせていただきます。

また、「 診断 」、「 検査 」の結果はお客様へレポートとして提出いたします。

車の事で何かお困りのことがありましたら、是非お問い合わせください!



  1. 2018/09/28(金) 21:41:44|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW116i エンジン不始動

すっかり秋の天気ですね! 朝晩は涼しいというよりも寒くなってきました。

早生リンゴの収穫や稲刈りも始まりました。 食べ物がおいしい時期です!

これ以上太らないように気をつけなくっちゃ(笑)


BMW・116i (F20) がエンジン不始動でレッカーされての入庫です。

困ったことに最近のBMWの電子シフトは、エンジンがかからないとギヤが「 ニュートラル 」になりません。

もちろん、バッテリー上がりでもシフトが抜けないという整備士泣かせの車です。 ですから積載車での搬送には向きません(笑)

手動での解除方法もあるのですが、それはまた次の機会にでも!

まずは症状の確認です。

バッテリーはOKでスターターも勢い良く回りますが、初爆すらありません。

フォルトコードを確認すると水温系統のエラーが入っています。


11_1


また、マフラーに大量の煤が付着しているし、プラグも黒くくすぶっていて、燃焼室内には残留ガソリンが見えます。

基本診断を行っていってもどうやら燃料が濃くてのかぶりが原因みたいです。

次に燃料が濃くなる原因を調べていきます。

エンジンのデータを診ると、原因がみつかりました! 温度計での実測値が28℃に対しデータ値はなんと-48℃です。


2


これだと冷間時増量で燃料過多でかぶってしまいます。

試しに水温センサのコネクタを抜いてみると、水温のデータ値は13.5℃になりました。


6


これでエンジンが始動しそうです! 

ただ、最近の直噴エンジンは、一度かぶってしまうとなかなか復帰しないと個人的に思っています。

なので、プラグを乾かしキレイに清掃し、燃焼室内の残留ガソリンも念入りに飛ばします。

クランキングしてエンジンを始動すると・・・ 見事に始動できました。 

これでエンジン不始動の原因が水温センサの特性ズレによるものだと確定しました。

ただ、問題なのが水温センサの取り付け場所です。


ba8c67a38a837bdc2b502e9bd9d1fb9c.jpg


シリンダーヘッドの後にある赤丸の 「5」 がそうなのですが、上からも下からも見えません・・・

そして、スターターやミッションの上の方から伝わってきたと思われるクーラントの跡が!


CIMG1687.jpg


・・・続く!



  1. 2018/09/25(火) 22:21:43|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「 車検 」の話!

今年の夏は日本全国ひどい猛暑でしたね! 8月も終わろうとしている今でも厳しい残暑です。

今年も残すとこ、あと1/3です。 あっという間ですね。 年を取るのが早いわけだ!(笑)


さて、今回はちょっと趣向を変えて「 車検 」の話です!

最近お客様と「 車検 」についてお話しする機会が増えてきました。

みなさまは「 車検 」についてどんな印象をお持ちでしょうか?

お客様とお話ししていて相変わらず聞くのは、「 車検 」を取ったら悪いところは無いんでしょ?という意見です。

ここからは個人的な意見になりますが、「 車検 」って全体で60点以上で合格するテストだと思っています。

新車の状態が100点だとして、経年劣化や使用の度合いによる劣化で今何点なのか?

最低60点ないと合格できませんよ! みたいな・・・

ちなみに我々認証工場と呼ばれる整備工場での「 車検 」の点検項目はこんな感じです↓


IMG_20180830_0003_011.jpg


これらの点検項目は多いと思いますか?少ないと思いますか?

しかも、判定は「 良 」か「 否 」しかありません!(笑) ダメなところ (0点) がないと、一応「 車検 」は合格できます。

同じ「 良 」でも限りなく100点に近い「 良 」なのか、0点に近い「 良 」なのか気になりませんか?

「 車検 」を受けたら全て点検してあって、悪いところは全て直してあると思ってしまいませんか?

これがお客様と我々整備工場側との認識の違いで、「 車検 」を取ったのに調子が悪いという話になるのだと思います。

もちろん、「 車検 」はとにかく安く!とのニーズもあるかと思いますし、安さを売りにしている「 車検 」もあるかと思います。

それはそれで需要と供給なので「 あり 」だと思います。

大事なことは「 車検 」を取ったから車が大丈夫だと思うのではなく、自分の車の点数を客観的に「 知る 」ことなんじゃないかと!

また、使用するパーツや油脂類、整備の内容によっては新車時の100点を120点とか140点にすることも可能だと思います。

純正のパーツ類、油脂類が決してベストなものではなく、ちょっと金額は張りますがもっと良い物もありますから!

「 車検 」をただの有効期間の延長と考えずに、車の状態を知る機会だと考えてみませんか?

そのためには整備工場とよく話をして、車の状態、目標点数について共通認識を持つことが大事だと思います。

ちなみに弊社は上の記録簿も使いますが、入庫時の点検ではこんなオリジナルのチェックレポートを使って点検しています。


IMG_20180830_0001_011.jpg

IMG_20180830_0002_011


点検結果を「 必要整備 」、「 依頼事項整備 」、「 機能維持整備 」、「 定期整備 」に分類し、何点を目指すのか相談いたします。

概算見積りもあるので、予算や目標に合わせた整備が可能です。

また今回整備しなくても、客観的に自分の車の状態がわかるので良いと思いませんか?


弊社の車検に関しての考え方はホームページの「 車検 」のページに記載してあります。

興味のある方は是非ご覧ください! →「 ヂャイアントの車検 」



  1. 2018/08/30(木) 19:01:09|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイゼット 時々エンジンが吹けなくなる

西日本では豪雨災害の被害にあった方々が大勢いらっしゃいます。

一日も早く平和な日常が戻ってくることを心よりお祈りいたします。


青森も短い夏がやってきて、連日暑い日が続いております。 私も暑さに負けることなく日々精進してまいります!


ダイハツ・ハイゼット (S210P) 時々エンジンが吹けなくなるとのことで入庫です。

まずは走行テストに出かけます・・・ がっ、一向に症状らしきものを確認できません。

何度もトライしてみても症状がでません。

これではどうしようもないので、攻め方を変えてシステムの中で不具合の可能性のあるところを検査していきます。

問題のないところを消していく消去法に切り替えです。

ただ、困ったことにこのハイゼットはいわくつきのEF‐SEエンジンなんですよね・・・

EF‐SEエンジンについての詳細は割愛しますが、ちょっと変わったスロットルと吸入空気の計測方法になっています。

診断機のデーターモニターにて各部の信号を点検していきますが、特におかしいところがありません。

まぁ、症状がでないことから考えても想定の範囲内です(笑)

まずはインジェクターの波形を点検します。


DSC_0008_21.jpg


インジェクターピークもキレイにでてるし、各シリンダーでズレもありません。

次にスロットルポジションセンサの点検です。


DSC_0006_31.jpg


こちらもノイズも無く、断線や短絡も見受けられません。


次に燃圧の点検です。

燃圧系をセットしてテスト走行をすると、燃圧自体は0.32MPaと問題ないのですがなんか違和感が!

時々小刻みに振れることがあります。

ただし、今まで経験した0.01MPaくらいの振れよりもかなり小さく、よく見ないとわからないくらいです。

この車のフューエルシステムはリターンレスなので、プレッシャーレギュレーターが怪しいと判断してタンクを降ろします。

外したフューエルポンプ内のプレッシャーレギュレーターがこちら↓


CIMG1366.jpg


見事に錆びています(笑) フューエルタンク内もかなり錆です。


CIMG1419.jpg


新しい(中古)フューエルタンクと比べてみるとハッキリわかります!


CIMG1418.jpg


これらのことから、フューエルタンク内も錆(汚れ)が燃料の供給をイタズラして吹けなくなっていると判断しました。

フューエルタンク(中古)、フューエルポンプASSYを交換し、フューエルラインを清掃して作業完了となりました!


整備士からすると症状のでないトラブルはホントに厄介です。 システムや理屈をよく理解しないとダメですね。

「 全ての物事には理由がある! 」

こんなとこにも「 メカトロクラブみちのく 」で教わったことが役に立ちます。



  1. 2018/07/18(水) 23:02:54|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (56)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR