FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

フィット エンジン警告灯他点灯

4月になって春になったかと思たら、雪が降りました。

今年は3月末から4月にかけて積もるくらいの雪が降るというおかしな気候です。

でも、着実に春は近づいてきていて、もう少しで青森も桜の季節です!


ホンダ・フィット (GK4) エンジン警告灯他が点灯しているとのことで入庫です。

現車を確認すると、エンジン警告灯とABS/VSA警告灯、電動パワステ警告灯が点灯しています。

メーター内に3つも警告灯が点いたらドライバーはビックリしてしまいますよね!

さっそくシステムチェックをしてみると、複数のユニットでフォルトコードが記憶されていました。


2019-03-25_14-27-54_001.jpg


2019-03-25_14-27-54_002.jpg


最近の車はユニット同士がCANバスで繋がっています。

なので、ひとつのユニットがエラーを拾うと他のユニットもエラーになることが多々あります。

今回もエンジンユニット (PGM FI) が拾ったエラーが、ABS/VSAと電動パワステ (EPS) に影響していました。

さっそく大元の原因である「 PGM FI 」から点検していきます。

「 PGM FI 」のフォルトコードは「 No.4シリンダ失火 」です。

ちなみに、テンポラリーDTCはペンディングコード (暫定コード) のことで、パーマネントDTCは確定コードのことです。

問題のあるNo.4シリンダのコイルをNo.2に、プラグをNo.3に付け替えます。

これで失火シリンダがNo.2に移ったらコイル、No.3に移ったらプラグの不良となります。

また、No.4から移らなかったらNo.4シリンダのインジェクターやエンジンメカニカルなどの不良となります。

今回はこのようにNo.3シリンダに失火が移ったのでプラグの不良です!


IMG_20190404_0001_01.jpg


プラグを交換して一件落着なのですが・・・ このプラグは100,000km交換不要のイリジウムプラグなんです!


DSC_0007_99.jpg


このようにサービスデータにも記載があります。

そして、この車の年式は27年式で、走行距離数は約37,00kmです。

100,000km交換不要なら、新車保証も5年または100,000kmの特別保証でもよいのではないかと思います。

でも、3年または60,000kmの一般保証なんですよね・・・ なんか納得いかないですね!

エンジンオイルなんかも交換時期がサービスデータ上は20,000kmとか25,000kmとかですが、そんなにもちません。

同様に、これからはプラグも距離的には点検・交換が不要となっていても、テスターなどで定期的なチェックが必要ですね。


DSC_0026_3.jpg


最近の車はコントロールユニットのネットワーク化やシステムの電子制御化がかなり進んでいます。

我々整備する側も車の進化に遅れないようにしなければいけないですね!



スポンサーサイト



  1. 2019/04/04(木) 23:31:31|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<トゥアレグ 天井張替え | ホーム | マーチ エンジン警告灯点灯>>

コメント

いつもありがとうございます。

一連の診断から処置への流れは、理想的でお見事です。

実は、こういったトラブルで見落としがちな”プラグの異常”ですが、お書きのように100000km交換と謳うマニュアルがあるために、「そこは大丈夫やろう」と早合点し、負のスパイラルに陥る事例も多いのですね。

折角のスキャンツールを生かしきれないのでは勿体無いお話ですから、簡単と考えずに、一つ一つ丁寧な整備を心がけたいものです。
  1. 2019/04/05(金) 00:02:42 |
  2. URL |
  3. 浅田 純一 #2R3.tVTY
  4. [ 編集 ]

浅田様、コメントありがとうございます。

実際にパワーバランステストを行っても、著しくNo.4が失火している様子はありませんでした。
センサの感度並びに閾値のシビアさが今回の警告灯点灯の原因かと思われます。
そして、プラグは100,000km無交換が指定でも、エンジンオイル同様に早めの交換が必要だと思います。
見た目では全くわかりませんでした。
  1. 2019/04/05(金) 13:18:14 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして、須藤社長、ワニマロさんのブログを見ていてこのブログを知りました。プラグの件ですが確かに須藤社長のいうとうりですねまさか、3万7千でプラグ不良なんて、先日、Gスキャン2、バージョンアップしまして、点火プローブも変わったか確認するのにトヨタウイッシュで見ていると、一瞬ブルっと、これはと思い、イグニッションアナライザーでみると、点火電圧が高く、スパークラインも短い、プラグが消耗してるようなので納車点検した、担当者にプラグ見た?、担当者曰く、3万くらいだから見てないとのこと。整備記録簿のプラグの点検項目、イリジューム、白金は除く?はどうなのと、須藤社長の他の記事も拝見してますが、浅田先生が認めてるだけ素晴らしい技術ですね。
  1. 2019/04/30(火) 08:35:19 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

佐藤オヤジ様、コメントありがとうございます。

最近のプラグ(特にイリジウムや白金)は目視での点検や良否判断は難しくなっていると思います。
アナライザーなどで波形を取り込むと、不具合の出ていないものでも劣化具合がよくわかります。

お褒めいただいたことはすごく光栄ですが、自分はまだまだです(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2019/04/30(火) 09:22:02 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

ご挨拶

そうそうにお返事ありがとうございます。わにまろさんのブログに勉強会のこと、紹介されてました。そこで須藤社長のこと知りました。当地区では、勉強会?なんのその最近、耳にしません、須藤社長さんの在籍するメカトロクラブのようなもの羨ましいです、わたしは、もう、定年超えたおっさんですが、まだ現役なので生涯勉強と頑張ってます、須藤社長さんが所有するマキシシス、知人も持っていますが宝の持ち腐れ状態でさ、使用方、ご教授していただけると幸いです。
  1. 2019/04/30(火) 10:30:17 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

佐藤オヤジ様、コメントありがとうございます。

この業界で整備士向けの本当の勉強会って少ないですね。
周りをあてにせずに、自分で動かなきゃいけないのでしょうね。
やる気のある整備士ネットワークを作りたいものです!

MaxiSysはフル活用できたら凄いと思います。
自分もまだまだ勉強中です!
  1. 2019/04/30(火) 11:55:41 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/90-783fa305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
青森県黒石市にある自動車整備工場です。
「ひと手間を惜しまない」ことを大切に日々整備をしています。


Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく 
加盟工場

ルブテック・ジャパン特約店


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍

第15回全日本自動車整備技能競技大会アドバイザー部門第一位
第1回Bosch Car Service Japan Quality-Cup優勝
平成30年度青森県卓越技能者表彰受賞


診断技術に自信あります!

国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。

整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (89)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR