FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

フィット エンジン警告灯他点灯

4月になって春になったかと思たら、雪が降りました。

今年は3月末から4月にかけて積もるくらいの雪が降るというおかしな気候です。

でも、着実に春は近づいてきていて、もう少しで青森も桜の季節です!


ホンダ・フィット (GK4) エンジン警告灯他が点灯しているとのことで入庫です。

現車を確認すると、エンジン警告灯とABS/VSA警告灯、電動パワステ警告灯が点灯しています。

メーター内に3つも警告灯が点いたらドライバーはビックリしてしまいますよね!

さっそくシステムチェックをしてみると、複数のユニットでフォルトコードが記憶されていました。


2019-03-25_14-27-54_001.jpg


2019-03-25_14-27-54_002.jpg


最近の車はユニット同士がCANバスで繋がっています。

なので、ひとつのユニットがエラーを拾うと他のユニットもエラーになることが多々あります。

今回もエンジンユニット (PGM FI) が拾ったエラーが、ABS/VSAと電動パワステ (EPS) に影響していました。

さっそく大元の原因である「 PGM FI 」から点検していきます。

「 PGM FI 」のフォルトコードは「 No.4シリンダ失火 」です。

ちなみに、テンポラリーDTCはペンディングコード (暫定コード) のことで、パーマネントDTCは確定コードのことです。

問題のあるNo.4シリンダのコイルをNo.2に、プラグをNo.3に付け替えます。

これで失火シリンダがNo.2に移ったらコイル、No.3に移ったらプラグの不良となります。

また、No.4から移らなかったらNo.4シリンダのインジェクターやエンジンメカニカルなどの不良となります。

今回はこのようにNo.3シリンダに失火が移ったのでプラグの不良です!


IMG_20190404_0001_01.jpg


プラグを交換して一件落着なのですが・・・ このプラグは100,000km交換不要のイリジウムプラグなんです!


DSC_0007_99.jpg


このようにサービスデータにも記載があります。

そして、この車の年式は27年式で、走行距離数は約37,00kmです。

100,000km交換不要なら、新車保証も5年または100,000kmの特別保証でもよいのではないかと思います。

でも、3年または60,000kmの一般保証なんですよね・・・ なんか納得いかないですね!

エンジンオイルなんかも交換時期がサービスデータ上は20,000kmとか25,000kmとかですが、そんなにもちません。

同様に、これからはプラグも距離的には点検・交換が不要となっていても、テスターなどで定期的なチェックが必要ですね。


DSC_0026_3.jpg


最近の車はコントロールユニットのネットワーク化やシステムの電子制御化がかなり進んでいます。

我々整備する側も車の進化に遅れないようにしなければいけないですね!



スポンサーサイト



  1. 2019/04/04(木) 23:31:31|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!
国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (69)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR