FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

BMWミニ クラブマン エンジン不始動

7月は今年は冷夏じゃないかと思ったものの、実際は猛暑日が続く暑い夏でした(笑)

夏休みが終わり8月後半の仕事が始まりましたが、お蔭さまで忙しい毎日を過ごしております。

まだまだ残暑厳しい折、みなさまもご自愛くださいませ!


BMWミニ・クラブマン (R55) が走行中にエンジンストールしてから再始動できないとのことで入庫です。

ご新規のお客様でしたが、ロードサービスでレッカーしてもらい運ばれて来ました。

症状を確認すると、初爆はあるものの完爆しないって感じでしょうか。

まずは基本診断から始めていきます。

システムチェックでフォルトコードを読み込むと、燃料のハイプレッシャー系のコードが記憶されています。


1 (2)


このN18エンジンは燃料タンクから低圧で燃料を高圧ポンプに送り、高圧ポンプで昇圧してからシリンダー内に直接噴射します。

俗に言う「 直噴 」ってヤツですね。

ハイプレッシャー系のフォルトがあるので、ハイプレッシャーのデータモニタをします。


Screenshot_2019-08-16-13-36-29.jpg


規定値が9Mpaに対して0.12MPaしかありません。

どうも世代的に圧力の「 Pa表示 」ってピンとこないんですよね(笑)

頭の中で100KPaが1kg/c㎡だから、1MPaで10kg/c㎡で ・・・ って、毎回変換しています。

今回は規定値よりはるかにレールプレッシャーが低いことと、その値に注目です。

0.12MPaってことは1.2Kg/c㎡です。 低圧側のポンプでも正規だと5Kg/c㎡hはあるはずです。

ですので、低圧側フューエルポンプを検査していきます。

作動音を確認してもフューエルポンプの作動音が聞こえませんし、フューエルフィルターからのラインに脈動もありません。

駆動電圧を確認すると、クランキング時に正規の電圧が入力されているのにポンプが駆動しません。


3(2).jpg


フューエルポンプの抵抗を測定すると∞Ωで断線していました。

エンジンストールと再始動不可の原因は低圧側のフューエルポンプです。

今回は走行距離やお客様からとフォルトの情報などからポンプとフィルターをセット交換するご提案をしました。

お客様がこちらの提案にOKをくださったので交換します。


Screenshot_2019-08-21-08-49-18.jpg


交換後は規定値に対しての数値がほぼ同じとなり、数値の変移も規定値と同じようになりました。

完成後にフォルトコードを消去し、走行テストで問題がないことを確認後に再度フォルトチェックを行います。

全てに問題がないことが確認できたので作業完了です!


弊社では「 診断 」にこだわりを持っています。

診断・検査料は頂戴いたしますが、勘や経験ではなくデータに裏付けされた不具合箇所の特定ができるかと思います。

何度整備してもトラブルが改善しないと言うお客様は是非一度ご相談ください!



スポンサーサイト



  1. 2019/08/28(水) 14:15:38|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!
国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (69)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR