FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

ヴェルファイア 複数の警告灯点灯 (エレクトロタップの罠)

新年あけましておめでとうございます!

令和初のお正月、みなさまはどのようにお過ごしでしょうか?

私は昨年末から溜めこんでいた伝票処理に追われておりました。 長期休暇時には毎回そうです。(笑)

ですから、今年の目標は伝票処理も日々完結です!


トヨタ・ヴェルファイア (GGH25W) が複数の警告灯が点灯するとのことで入庫です。


DSC_0022_14.jpg


実はこの車両は他工場様経由での入庫だったのですが、お客様からのご依頼としては

 1.メータパネル内に複数の警告灯が点灯している
 2.メーターパネルに「 P ・ R ・ N ・ D 」の表示が出なくなった
 3.バックカメラが映ったり映らなかったりだったのが完全に映らなくなってしまった

とのことです。 時系列としては3のバックカメラの不調が一番先だったみたいです。

まずはシステムチェックを行います。


IMG_20191213_0001_01.jpg


予想通りと言うか、当たり前の事ですが複数のユニットにフォルトコードが記憶されていました。

フォルトコードの内容を見ると、通信系のトラブルが多いみたいです。

作業がつまっていたので、エンジンをかけたまま放置していたら・・・ バッテリーが上がってしまいました。 

ノーチャージ (充電不良) です。

通信系のトラブルが多いことから、ノーチャージを直すことでトラブルが改善する可能性もあります。

まずはノーチャージを直さないと先には進めないことをお客様に説明していただき、了承をいただきます。

アクティブテストでオルタネーターを強制発電させ、充電系統を検査していきます。


Screenshot_2019-12-09-13-24-17.jpg


発電要求電圧14.7Vに対して、バッテリー電圧が11.9Vなのでチャージしていません。

オルタネーター不良です・・・ とはなりません(笑)

配線のトラブルなどでスタンバイができていない可能性があります。 また、オルタネーターの駆動不良も考えられます。

ベルトを点検し、配線図を基に電源の確認をしていきます。

オルタネーターのIG端子 (赤丸部) にイグニッションONで電源がきていません。

これではICレギュレーターが働かないために発電できません。 

調べていくと上流部にあるGAUGE NO2 (青丸部)の10Aのヒューズが切れていました。

ただ、10Aのヒューズは赤色なのですが、実際は15Aの青色のヒューズが付いていたのは気になります。


es026_03.jpg


ヒューズを交換してオルタネーターのIG端子に電源がきてることを確認し、再度強制発電させますがやはりチャージしません。

これでオルタネーターの不良が決定なので交換します。

オルタネーター交換後は発電要求電圧14.7Vに対して、バッテリー電圧が14.4Vとなり充電電流もプラス値になりました。


Screenshot_2019-12-12-10-28-13.jpg


症状が改善したかチェックを行うと、メーターパネル内の警告灯も全て消え「 P 」の表示もあります。

残すはバックカメラの不具合だと、意気揚々とバックにシフトした瞬間にシフト表示が消えてしまいました。

どうやらバック系統にも不具合があるみたいです。

バック系統の配線図を調べていくと、先程のGAUGE NO2のヒューズからバックランプに電源が供給されています。

ヒューズを点検するとやはり切れています。

ヒューズの電流値を検査すると、「 Rレンジ 」以外だと1A以下なのですが、「 Rレンジ 」にすると約20A流れます。


CIMG4751.jpg


これじゃヒューズは切れちゃいますね!

GAUGE NO2のヒューズ負荷を調べても、どうしてもバックランプ系統が怪しいです。

バックランプ系統に絞って原因を探していくと、ピン!ときました。


CIMG4758.jpg


そうです、社外ナビです。 

ナビはバック時にモニターの映像をバックカメラの映像に切り替えるためにバック信号を取り込んでいます。

このバック信号線の接続時にエレクトロタップを使用したため、接触不良を起こして過電流を流してしまったようです。

ナビに接続されているエレクトロタップを全て取り外し、ハンダ付けにて結線していきます。

ちなみに弊社でナビを取り付ける際はエレクトロタップは絶対に使用しません。

確かにエレクトロタップはハンダ付けに比べてお手軽ですが、この様に作業品質の保証が難しいからです。

修理後は「 Rレンジ 」シフト時にも約2.5Aと容量以下となり、ヒューズが切れることもなくなりました。

確認検査を終え、問題がないことを確認して作業完了です。

あくまでも推測なのですが、時間経過とともに症状が変化 (悪化) していることから接触不良は常時ではなかったのかなと。

過電流が流れてヒューズが切れてしまったら、症状は固定になってしまいますから。 (弊社入庫時はこの状態)

接触不良により異常電流が流れたり正常電流が流れたりを繰り返していたんじゃないでしょうか?

と言うことは、オルタネーター (ICレギュレータ-) を壊したのもこれが原因だと思われます。

電気は流れたり流れなかったりだとサージが発生しますから、ICを壊すのは簡単だと思います。


たとえば「 車検 」や「 ナビ取り付け 」と言葉は同じですが、実際の作業内容は各社で違うのではないでしょうか?

作業料、技術料が安いことも魅力の一つだとは思いますが、それが全てだとは思いません。

今回のケースもナビ取り付けの不具合により、オルタネーターが壊れて多額の修理代金がかかったら本末転倒だと思います。

我々自動車業界も、提供する技術料を安さだけではなく適正価格にすることを考えなければならないのではないでしょうか?

勿論、その際は金額に見合ったクオリテイは不可欠ですが! あくまでも適正価格なので(笑)



スポンサーサイト



  1. 2020/01/03(金) 14:44:44|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<メカトロクラブみちのく 総会 | ホーム | 恭賀新年!>>

コメント

CAN系統?

お世話になっております。はじめ、記事内容を見た時、CAN系統の故障かなー、と思いました。さすがです。記事もわかりやすく原因も教えてくれるのでいつも勉強になります。ヒューズの電流値測定ですが以前マツダのFC3でワイパーを作動するとヒューズが切れるというのがあり、電流測定するのにヒューズを加工して測定しました。今は、いろんな機器がありますね。わたしも、以前オークションでボッシュのテスター買ったことお話ししましたがその中にヒューズから、電流値測るものがありました。それがあるから、購入したんですが、まだ活躍してません。宝の持ち腐れ状態です。他、フルークのオシロも落札しときましたがこれも、持ち腐れです。笑
  1. 2020/01/04(土) 12:49:20 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: CAN系統?

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
CAN通信系の異常も、通信線の異常よりも最終的にはどっかの小さいトラブルが原因で各ユニットの検出の閾を超えることが多いですよね。
今回もエレクトロタップの不具合が最終的な原因でした。
ヒューズ負荷の電流値の計測は弊社ではよく行います。
電装品の取り付けを行った時なんかはほとんど測定して、ヒューズ容量に対して許容範囲内かどうかを確認をいたします。
おそらく同じかと思われるBOSCHのテスタも持っていますが、これが便利でてっとり早いです(笑)
  1. 2020/01/04(土) 21:39:37 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

本年もよろしくお願いいたします

あらためまして、あけましておめでとうございます。旧年中は一方ならぬお世話になり、心より感謝いたしております。

母なる地球が、秒速30kmの公転軌道から外れることなく、今年も無事に元の位置に帰ってきたことを、心から祝福いたしましょう。

さて、今回もお見事なトラブルシューティングでしたね。トレビアン!ですね。

何年も前、うちにもこのような複合したトラブルがありました。

クラウンのロイヤルサルーン、平成18年式で、リモコンキーが作動しない。また、パワーウインドも運転席の他は動かない。エンジン始動時も、クランキング後に初爆はあるが、数回のエンスト、その後には異音を立ててのエンジン始動というものでした。

トランクフードをあけるスイッチを押しても開けることはできませんし、ドアミラーが何もしないにも関わらず、勝手に開閉してしまうというオマケ付きの難解なトラブルでした。

チェックランプの点灯はありませんでしたが、スキャンツールを使って調べて診ますと、通信バス異常(+Bショート)というコードが出ていました。


原因は、左リヤドア内のドアECU異常で、こいつが死にかけていたことで、オカシナ電気の巡りを引き起こしていたものでした。

須藤さんのトラブルもそうですが、以前では想像できないようなトラブルが、一見複合して現れますが、じっくりと取り組むことで絞り込んで行けるということを教えてくれる事例ですね。
  1. 2020/01/05(日) 18:26:23 |
  2. URL |
  3. 浅田 純一 #2R3.tVTY
  4. [ 編集 ]

Re: 本年もよろしくお願いいたします

浅田純一 様

コメントありがとうございます。
最近の車はCANバスで各ユニットが相互通信を行っているのでなかなか手強いですね。
多くは1箇所の不具合が原因と言うのが多いと思うのですが、あちこちに悪さをしてしまいます。
俯瞰から大元を探し出す論理的思考が不可欠になってくるかと。
益々「故障診断」が重要になってくると思います。
そして我々整備業界も、病院の如く診断料、検査料と言うものを頂戴していくべきだと思います。

今年も精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
  1. 2020/01/06(月) 13:16:06 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/09(木) 11:39:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 記事

コメントありがとうございます。
アドレスにメールを送らさせていただきましたのでご確認ください。
  1. 2020/01/09(木) 13:11:32 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

類似トラブル?

須藤社長、お世話になってます。今日、29年式ムーブでメーターパネルに複数の警告メッセージ、警告灯点灯の車が入庫しました。システムチェックするとABS系統、CVTのUコード他いろいろ入ってました。お客様は、別なとこでドラレコつけてからといってます。須藤社長のような診断できればいいんですがまだ、確認だけです。
  1. 2020/04/29(水) 20:35:56 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: 類似トラブル?

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
何があったんでしょうね?
通常ドラレコなら電源とアースだけのはずですが・・・
高年式車は車内ネットワークが複雑でシビアになってきているので注意が必要ですね。
  1. 2020/04/30(木) 09:46:54 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

故障のタイミング

こんばんは、お世話になってます。類似トラブルのムーブですが、今日、作業する予定でしたがたまたま、メーカーの技術担当がきたので説明したところABSアクチュエーターの可能性があり保証の問題でデーラーで見ることになりました。お客様はドラレコ取り付けてからと言いますが、須藤社長のおっしゃるとうりでたまたま、取り付けたタイミングがかさなっただけですね。ABSのUコードが出てたのでCAN通信系から点検しようとおもってました。
  1. 2020/05/07(木) 22:28:50 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: 故障のタイミング

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
ドラレコだと電源、アースくらいしかとらないのではないでしょうか?
最先端なものだとリバースや車速信号なんかもとるのでしょうか?

Uコードがメモリーされていたとのことですが、CAN通信よりもまずはABSの診断からだと思もいます。
いずれにせよ、手を離れたとのことで残念ですね。



> こんばんは、お世話になってます。類似トラブルのムーブですが、今日、作業する予定でしたがたまたま、メーカーの技術担当がきたので説明したところABSアクチュエーターの可能性があり保証の問題でデーラーで見ることになりました。お客様はドラレコ取り付けてからと言いますが、須藤社長のおっしゃるとうりでたまたま、取り付けたタイミングがかさなっただけですね。ABSのUコードが出てたのでCAN通信系から点検しようとおもってました。
  1. 2020/05/08(金) 14:26:40 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

ムーブ、その後

お世話になってます、いつも、的確なアドバイスありがとうございます。ランプ類点灯のムーブですが、お伝えしたように保証の関係でデーラーに依頼しました。診断内容はフリーズフレームデーターで、ブレーキスィッチ不良で圧力がかかってる時オンにならない時があったそうです。ムーブでは、初めてらしいそうですが、タントで数台あったそうです。
  1. 2020/05/11(月) 12:55:12 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: ムーブ、その後

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
メールさせていただきましたのでご確認ください。
  1. 2020/05/11(月) 21:33:59 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

ムーブ、その後、確認済み

須藤社長のおっしゃるとうりです。Uコードとの関連性、夕方、確認してみました。ブレーキスィッチを外してすぐメーターパネルにCVT、ABS、スマアシなど点灯、しかし、その時点でUコード入らず、その後、走行後確認したところ、CVTで、Uコード確認、ABS系統で、ブレーキスィッチ、確認、ブレーキスィッチ異常で、同症状が出ることを確認できました。デーラーに依頼しても、確認作業は必要ですね。いつも、的確なアドバイスありがとうございます。
  1. 2020/05/11(月) 22:53:23 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: ムーブ、その後、確認済み

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
おそらくCVTユニットがブレーキスイッチONの入力がなく、アウトプット回転数と車速が低下するので通信エラーになるのではないかと思います。
お疲れさまでした!
  1. 2020/05/12(火) 21:55:53 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/107-502fdeeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!
国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (80)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR