FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

エンジンオイル交換をしないと・・・

相変わらずコロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。

最前線にて戦われていらっしゃる医療従事者の皆様方には、本当に尊敬と感謝の念に堪えません。

コロナウイルスに関して難しいことはよくわかりませんが、先ずは今自分ができることをちゃんとやりたいと思います!


車もやるべきことをちゃんとやらないと、大きなトラブルになってしまいます。

これは約40,000km弱エンジンオイル未交換のエンジンです。

走行中にエンジンストールして、その後は再始動できないとのことで積載車によるロードサービスにて入庫しました。





クランキングしてみると、1番のリヤ側からカムシャフトが回っていません。

カムシャフトの折損です。

今回はエンジン内部の状況と極上の中古エンジンが見つかったことから、中古エンジンとの載せ替えを選択をしました。

たかがエンジンオイル交換ですが、その行為にはちゃんと意味があります。

エンジンオイルの働きについては長くなるので割愛します。( 興味のある方は弊社HPの → ヂャイアント通信3をご覧ください。 )
 ※ヂャイアント通信内でのエンジンオイル価格は2013年当時の価格ですので、現在の価格とは異なります。
 

「 当たり前のことを当たり前にやる! 」 全てのことにおいて、同じではないでしょうか?

今できる、今やらなければならない当たり前のことを当たり前にやっていきましょう!



スポンサーサイト



  1. 2020/04/13(月) 11:38:57|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ATF交換 | ホーム | ベンツ E320 タイヤ空気圧警告システム故障>>

コメント

オイル管理

須藤社長、こんにちは、それにしてもひどい状態ですね、カムが折れてしまうなんて、ブレーキオイルはじめ、CVTF、ATF、PSF等オイル管理は大切ですね、世の中、コロナで大変な時期ですね。なんかいい対策ないですかね。最近、極力、データーモニターをみるようにしてます。きのう、アルファード20系で走行20万キロ越え、まず、イグニッションアナライザーにて観測、一番気筒な波形が明らかにおかしい、ほかの気筒はまあまあ。故障コードを確認すると過去の故障で空燃比センサー系、空燃比学習値を確認するとプラス6パーセンでした。
  1. 2020/04/14(火) 11:06:43 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: オイル管理

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
ピストンが焼き付く前にカムが折れたのを初めて見ました。
最近の車は省燃費オイルを使うこともあって、エンジンの設計が焼き付きにくいようになっているのかもしれませんね。
私もお客様によく言いますが、油脂類を定期的にきちんとしたものでメンテしていると大きな故障のリスクはかなり減ると思っています。

弊社だと故障診断は、エンジン不始動 → 全気筒に関係する不良、エンジン不調 → 全気筒に関係する不調または単気筒の不良と大雑把に分けています。
空燃比がずれていくなら、単気筒ではなく全気筒に関係する箇所かもしれませんね!
  1. 2020/04/14(火) 15:01:30 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

オイル管理

須藤社長、お世話になってます。最近、VVTの故障コードが入ってたアルファードが解体車で入ってきましたのでアクティブテストしてみました。アルファードは目標変位角、実変位角がデーターモニターで確認できるタイプでした。もう一台、エスティマも解体であったのでみたところVVTデューティ比で確認するタイプだったのでみてみました。エスティマのVVT作動確認はアクティブテストでしかわからないと、前にお話ししたDの活用マニアルに書いてありましたので、試してみました。、浅田先生のとこは管理車両はオイル管理がしっかりしてるのでVVTの故障は皆無と言ってました。オイル管理 不良だと、故障を作る原因ですね。
  1. 2020/04/27(月) 19:11:31 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: オイル管理

佐藤オヤジ 様
コメントありがとうございます。
データの取り方はCPUの制御プログラムによるところが大きいと思いますが、最終的にはカムアクチューエータの位相が変わるだけなのでそこに注目したらい良いかと思います。
昔からそうですが、油脂類のメンテは重要ですね。
制御が緻密になっているだけ最近の車の方がシビアだと思いますが。
  1. 2020/04/27(月) 20:10:05 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/112-2c51a488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!
国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (85)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR