FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

78プラド エンジン警告灯点灯 その3

すっかっり秋の気配が漂ってきて、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

今年もあと3ヶ月、自分の信じた道、弊社でしかできないことを地道にコツコツとやっていきます!


すっかりと長くなってしまった78プラドの記事も今回で最後です。 

時々断線するタイマーコントロールバルブを交換しても、急加速時に警告灯が点灯するのは直らなかったところまで書きました。

再度取ったデータを見直しますが、どう考えても噴射時期制御の駆動信号は出ているとしか考えられません。

それにもかかわらず、一切進角も遅角もしない・・・

出した結論は「 噴射ポンプ 」不良です! お客様が別の工場で1年前に交換した、噴射ポンプがダメとしか考えられません。

お客様に今までの経緯と自分の診断結果を伝えます。 

お客様も悩んで、1年前に噴射ポンプを交換した工場といろいろ話をしたようです。

それはそうですよね、噴射ポンプを再度交換ともなれば高額な整備代金となってしまいます。

でも、結果的に弊社にて信用できる噴射ポンプに交換することにOKをいただきました。


CIMG0668.jpg


本当は先に今の噴射ポンプを検査してもらってからオーバーホールしたかったのですが、時間的にも厳しいものがあります。

そこでネットワークを駆使し、とりあえずリビルト品を出荷してもらい検査結果は後から報告してもらうことにしました。

新しい噴射ポンプを取り付けてエンジンを始動すると、見事に噴射時期が変化するようになりました!

やはり噴射ポンプの不良です。








アイドリング時のタイマーコントロールバルブの制御波形が交換前とは明らかに違います。

また、レーシングした時にレボリューションセンサの信号が小刻みに前後して、噴射時期が変化しているのがわかります。

これで一安心!と思っていた矢先にまたトラブル発生です。 また噴射時期制御が停止しました。

ひょっとして噴射ポンプは悪くなかったの? でも、制御信号は明らかに変わったし・・・

なによりクランク角センサとレボリューションセンサの位置関係も明らかに違います。 (約1/4山)


201.jpg


202.jpg


いろいろと調べていくと、水温センサからの入力電圧が1V以下になると進角・遅角しなくなります。

水温センサに疑似抵抗を入れて、水温の変化による噴射時期制御の様子を調べます。

1kΩを入れても、2kΩ、2.5kΩを入れても全て2分で噴射時期制御が止まります。

1kΩ未満の抵抗だとコントロールユニットの信号電圧が1V以下になるため、最初から噴射時期制御が行われません。

何だこれは?

修理書を見ていると、神の啓示が!


00_20201003164342700.jpg


水温が50℃以下の時のアフターグローは全て120秒、すなわち2分です!

水温センサの入力信号が1V以下になる60℃以上ではアフターグローがありません。

要はアフターグローがOFFになった時に噴射時期制御が停止していることになります。

今度はグロー系統を調べていきます。 すると本来ならOFFになってるはずなのに、グロープラグに電源電圧がかかっています。

リレーを点検するとONになりっぱなしです。 エンジンコントロールユニットからリレーの駆動信号が切れません。

どうやらグローリレーへの通電を行うパワートランジスタがOFFしないようです。

エンジンコントロールユニットは生産終了ですので、再度分解してパワートランジスタに熱処理を施してみます。

お客様にはこれでダメならエンジンコントロールユニットのリペアが必要な旨を説明します。

同時に特性のズレかかっている水温センサも交換します。

今度は2分経過しても噴射時期制御が停止することがありません。 もちろんグロープラグへの通電もちゃんと停止します。

走行テストで問題がないことを確認しましたが、念のため翌日に水温が下がった状態から再度テストします。

翌日のテスト走行でも問題がなく、エンジンの吹け上りも今までとは比較にならないくらい良くなりました。

お客様に引き渡しする前に直った車で走行テストをしていただいたところ、別物になったと喜んでくださいました!

「 この車を買ってから、本当に調子のよい状態で乗ったことがなかったんですね! 」

お客様の言葉から、おそらく購入された時からこの状態だったと推測されます。

夏場は警告灯が点灯して調子悪くなってしまうし、冬場は雪や凍結のため急加速をすることもない・・・

乗り比べてみたらパワーがなく吹け上りも悪いと感じるけど、中古車購入時にこの状態ならそんなものだと思ってしまいますよね。

かなり手こずりましたが、お客様の喜ぶ顔がみれて大満足でした。 

眠れない夜にも無事に別れを告げることができましたし!(笑)



今回はエンジンコントロールユニットのほぼ全ての入出力信号を点検ました。


DSC_0037.jpg


オシロスコープで測定した波形も20枚はくだりません。


DSC_0039.jpg


正直な話、「 こんなものですよ! 」と投げ出して終わらせようと思ったこともないわけではありません。

そんな自分を思いとどまらせたのは、「 あの人やこの人 」だったら直せるんじゃないだろうか?と思いだされるたくさんの顔でした。

また、「 メカトロクラブみちのく 」の会員として、何よりも「 整備士 」としてのプライドだったと思います!

今回はいろんな人たちにアドバイスをもらったり、助けてもらったりしました。 同じ志を持つ仲間のありがたさを実感しました。

「 整備士 」として良い仕事ができたと自分を褒めてあげたい事例でした!


今回は診断・検査に多くの時間を費やしたので、相応の整備料金がかかっています。

でも、直らなくてもお金がかかったり、根拠のない部品交換でお金がかかるよりは全然良いと個人的には思います。

整備料金は作業に対する対価ですので、安いか高いかはお客様が作業内容などで判断していただけたら良いと思います。

金額だけでの比較で安いとか高いとかを決めつけないでいただけたらありがたいです。




スポンサーサイト



  1. 2020/10/03(土) 18:20:23|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<アルファロメオ MiTo エンジン警告灯点灯 | ホーム | 78プラド エンジン警告灯点灯 その2>>

コメント

拍手

パチパチ、拍手、お疲れ様でした。本当にいろいろトラブル抱えてたんですね。これでは、他社も、Dも手こずったんでしょうね。何より、お客様が途中で修理ストップさせなくてよかったです。私なんか、昨年お話ししたハイゼットトラック、そして例のノートなんか、予算の都合で修理ストップですから。でも、お客様はやはり須藤社長のとこに出して正解です。
  1. 2020/10/03(土) 21:20:28 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: 拍手

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
本当に今回は複数の不具合がありました。
年数や距離数に見合った、適切な整備が行われていなかったのでしょうね。

お客様の訴えていた症状の原因はクランク角センサ、エンジンコントロールユニット(パワトラ)、タイマーコントロールバルブだったと思います。
その後の手こずった症状の原因が噴射ポンプ、エンジンコントロールユニット(パワトラ)、水温センサだと思います。
検査の過程でスロポジも調整しました。

おそらく冬場は急加速することもなく、隠れた2番目の症状はお客様が気づかなかったんだと思います。
直った車を乗った際にまるっきり別物になったとの話でしたから!
  1. 2020/10/05(月) 09:26:37 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #noW3zowU
  4. [ 編集 ]

恐ろしや~ワタシ、今正に6年車の78プラドをやってます。
今回は車検ですが、この夏に20万キロを超え間もなく不動でレッカー入庫、泣きそうでしたが幸いダイアグ無反応でECUが逝ってると判明、いいお値段のリビルトで対処しました。ポンプとなるとほんとドッキドキですね!
  1. 2020/10/05(月) 17:21:18 |
  2. URL |
  3. トッカリモ―タース #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トッカリモータース 様

コメントありがとうございます。
まぁ、なんという偶然でしょう(笑)
最初はコントロールユニットの交換も考えましたが、部品が生産終了なことと内部の液だれがなくきれいだったことからパワトラの熱対策だけしました。
リビルトが意外といい値段するんですよね。

今回かなり勉強して、データも取ったのでお困りの際は言ってください。
お役に立てるかと思います!
  1. 2020/10/06(火) 07:44:34 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #noW3zowU
  4. [ 編集 ]

整備士の鏡です

素晴らしのひと言では言い付けられませんね(*^_^*)
諦めない気持ちが故障車を無事に修理する……
最高です。
  1. 2020/10/07(水) 21:52:11 |
  2. URL |
  3. 大山記人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 整備士の鏡です

大山記人 様

コメントありがとうございます。
今回はお客様がお金をかけてでも直したいというご要望だったので、最後までさせていただけました。
正直な話、途中で上手いこと言って投げ出そうと思ったことは何度もありました(笑)
ただ、仲間の整備士だったらちゃんと直すのでは・・・と考えると、心が折れている場合じゃないと!
もちろんわざわざ遠方から弊社なら何とかしてくれるのでは?と仕事を依頼してくださったお客様の期待に応えたい思いが1番でしたが。

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
  1. 2020/10/08(木) 10:07:10 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/123-fdbd4ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
青森県黒石市にある自動車整備工場です。
「ひと手間を惜しまない」ことを大切に日々整備をしています。


Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく 
加盟工場

ルブテック・ジャパン特約店


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍

第15回全日本自動車整備技能競技大会アドバイザー部門第一位
第1回Bosch Car Service Japan Quality-Cup優勝
平成30年度青森県卓越技能者表彰受賞


診断技術に自信あります!

国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。

整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (88)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR