fc2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

ロータス エリーゼ エンジンストール

5月も残すところあと僅かですね。 青森は桜の花も林檎の花も終わり、田植えシーズンの到来です。

初夏の陽気と新緑が素敵な季節となって来ました。 日々を悔いなく一生懸命過ごしていきたいですね!


ロータス・エリーゼ (111) がエンジンストールするとのことで入庫です。

お客様からお話を聞くと、エンジンが暖まってくるとストールするそうです。

再始動は可能だけど、再始動してもまたすぐにストールするを繰り返すこともわかりました。

このエリーゼのエンジンはローバー製の「 18K4F 」です。


DSC_0005_29.jpg


まずは症状を確認するためにエンジンをかけた状態で放置します。

本当は走行テストに出たいのですが、万が一ストールから再始動不可になったら大変です (笑)

すると約1時間半ほどのアイドリングでエンジンがラフになってストールしてしまいました。

タイミング的には電動ファンが回ったタイミングで出る気がします。

何度か再始動 → ストール → 再始動を繰り返していると、電動ファンの作動には関係ないことがわかりました。

そして、ストール直前には必ず数秒ラフアイドルになってからだということもわかりました。

なんだか燃料系のトラブルみたいです。

ストール後は再始動しても5分程度で再発するので、エンジンを始動してフューエルポンプ付近で作動音の確認をします。

するとフューエルポンプの作動音が止まった瞬間にアイドリングがラフになりストールしました。

どうやらフューエルポンプが作動停止 → 残圧でエンジン駆動 (ラフアイドル) → 残圧もなくなりストールという流れのようです。

症状をきちんと確認できたので8割がたは故障診断完了です!

あとはフューエルポンプが停止する理由が、駆動電源の喪失なのかポンプ本体の不具合なのかを切り分けるだけです。

と、ここで問題発生です。

フューエルポンプのサービスホールが小さすぎてフューエルポンプの配線にアクセスできません。


DSC_0001_34.jpg


と言う訳で、車両をリフトアップしてフューエルタンクを一度降ろすことにします。

って書くと簡単なんですが、実はリフトアップするのも一苦労です。


DSC_0006_26.jpg


どうにかこうにかリフトアップできたので、フューエルタンクを降ろしていきます。


DSC_0009_18.jpg


フューエルポンプの駆動配線にオシロスコープのプローブを取り付けて、再度フューエルタンクを元に戻します。

オシロスコープで駆動電源を観察しながら、エンジンを始動しアイドリングします。


CIMG4421.jpg


フューエルポンプの作動音が停止しましたが、駆動電圧はかかったままです。

ちょっとわかりずらいので、今度はストールしてから波形を止めてみます。


CIMG4423_1.jpg


赤丸辺りでポンプが停止して、数秒後にエンジンがストールしている様子がわかります。

これでフューエルポンプ本体の不良が確定しました。

がっ、ここでまたもや問題発生! 肝心のフューエルポンプが国内どころかイギリス本国も欠品で納期が未定です。

取引のある部品商さんに探してもらったところ、国内に社外品ですが物が見つかりました。

お客様に診断結果と部品の状況を報告して、今回は社外品で交換することに了解をいただきました。


CIMG4451.jpg

CIMG4455.jpg


今回は一緒にフューエルフィルターも交換することにしました。

本来ならば交換後にもう一度フューエルポンプの駆動波形を測定するのですが、タンク脱着が必要になるため割愛しました。

その代わりに症状発生の倍以上の時間でストールするかどうかの検査は行っております。

完成検査で問題がないことを確認して作業完了です。


今回もお客様には診断・検査料金がかかる旨を事前に説明させていただいて作業を行いました。

診断料金がかかるの?と極稀に聞かれますが、当社では診断・検査料金は頂戴しております。

何故なら診断・検査を行うにも時間や設備、作業者のスキルなどが必要不可欠だからです。

当然のことながらこれらには全て経費がかかっています。

例えば、診断・検査を行わずに診断・検査料金を頂戴したとすればボッタクリと言われても仕方ないかもしれません。

でも、作業の対価として正当であれば全く問題ないと思っております。

あとはお客様が対価として適当だったかどうかをご自身で判断していただければ良いかと思います。

私どもは八百屋さんと同じように値段をつけて商品を並べていますので、良いと思っていただけたらお買い上げください。

その値段は適当に付けたものではなく、今までの経験や自社の設備、作業の方法などから自信をもって値付けをしております。

不明な点がありましたらお問い合わせいただけたらと思います。 きちんと説明させていただきます。

インターネットの普及した昨今ですので、極稀に他社の仕事の方法を揶揄するような発言も見受けられます。

どうか上辺だけで判断することのないようにお願いいたします。 言葉にしてしまえば同じでも中身は違って当然です。 

自分と異なる考え方を一刀両断で否定するのは違うと思いますし、個々の考え方は尊重すべきだと思います。

様々な選択肢の中からお客様が気に入ったもの、納得できたものをお買い上げいただけば良いと思います。



スポンサーサイト



  1. 2022/05/23(月) 16:12:06|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | ベンツ ゲレンデヴァーゲン エンジン警告灯点灯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/139-bf7c03e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
青森県黒石市にある自動車整備工場です。
「ひと手間を惜しまない」ことを大切に日々整備をしています。


Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく 
加盟工場

ルブテック・ジャパン特約店


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍

第15回全日本自動車整備技能競技大会アドバイザー部門第一位
第1回Bosch Car Service Japan Quality-Cup優勝
平成30年度青森県卓越技能者表彰受賞


診断技術に自信あります!

国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。

整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (101)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (33)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR