FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

フォレスター エンジン警告灯点灯 (故障診断の重要性2)

みなさん素敵なクリスマスを過ごしましたか?

青森で雪の無いイブは12年ぶりらしいです! ホントに今年は暖冬ですね。

12年ぶり… 年をとるわけですね(笑)


さて、タイトルにあるように スバル ・ フォレスター (SG5) のエンジン警告灯点灯!

お客様から 「時々エンジンの警告灯が点くから診て欲しい」 とのご依頼。

話を聞くと

・点灯時もエンジンの調子は悪くなく、始動性にも問題ないと思う
・警告灯が点いたらエンジンを切るが、再始動は可能
・エンジンをかけると常時点いてるわけではないが、点灯したらイグニッションOFFにしない限りは点灯しっぱなしになる
・始動後すぐ点く時もあるし、しばらく点かない時もある

とのことだった。

話を聞きながら、あれこれと推測してみる。

エンジン不調がないことから空燃比に関するものではなさそうだし、始動性も問題ないことから回転系センサも除外できそうだ。

とりあえず車をお預かりして、走行テストや始動テストをして症状を確認してみる。

お客様の言う通り、エンジン不調もなく始動性にも問題はない。

次に診断機を繋いでダイアグコード(フォルトコード)を確認する。

出てきたコードは 「 P0031 : O2センサヒーター系回路(Low)バンク1センサ1 」

はいはい、よくあるO2センサのヒーター線の断線ね! …と思ったが、点いたり点かなかったりというのがちょっと引っかかる。

まずはO2センサのコネクタを外してヒーター線の抵抗を測定してみる。

予想に反して(?)抵抗は6Ω前後だった。 ということは、ヒーター線の断線ではない。

まぁ、断線しているとすれば、警告灯はエンジン始動と同時に点灯しっぱなしになるはずである。

これがさっき感じた違和感の原因だ!

配線図を見てみると


en-03892j[1]_01


メインリレーからヒーター線+側に電源電圧をかけ、ECUでアースコントロールしてヒーターを加熱するシステムだ。

普通はECUでアースを ON/OFF で制御しているはず…

まずはO2センサの1番端子で電源電圧を確認すると12VでOK。 (当然クローズループで!)

コネクタを外して2番端子の電圧を確認すると約2,5V。 

…ということはECU内部に断線検出回路か何かがあって、バイアス電圧をかけている予感。

こんな時はECU内部の回路がわからないとチョットきつい…

グチっていてもしかたないので、再度コネクタを接続してセンサ2番端子とECU2番端子にオシロをセッティング!

正常時がこちら (黒がセンサ2番端子、赤がECU2番端子)


SG5_AF(OK)_01.jpg


この状態でエンジンをかけいると、だんだん波形がおかしくなって最終的にはこうなった。


SG5_AF(NG2)_01.jpg


ECUでアースコントロールできていない! …と同時にエンジン警告灯が点灯した! どうやらECUの不良くさい。

エンジンを停止して再始動してみる。

エンジン警告灯はイニシャルチェック終了後消灯し、オシロの波形も正常波形を表示する。

しばらくしたら波形に乱れが現れ、異常波形になったと同時にエンジン警告灯が点灯した。

波形の乱れや警告灯の点灯に時間やその他の条件はなさそうだ。

私が出した診断結果は 「エンジンECUの不良」

新品が11万円超だったのでお客様に説明のうえで中古品で交換し、正常であることを確認してお客様に車を引き渡した。


もしも出力されたダイアグコードだけを鵜呑みにして、診断ミスで約2万円のO2センサを交換したらどうなっていただろう?

直らなくてお客様に迷惑をかけるばかりか、間違ったパーツ代や作業料金は当然自社の負担となる。

前回の記事同様、故障診断の重要性が身に染みた。


当社では診断料はいただきますが、不良個所の特定とその原因までキチンと診断いたします。

キチンとした診断をすることで間違った修理をしたり、不具合発生の原因を残したせいでの症状再発を防ぐ事ができるから。 

そして、そのことが結果としてお客様のためになると信じているから。

当社は 「車の総合病院」 として 「診断」 にトコトンこだわります!


CIMG1607.jpg


スポンサーサイト



  1. 2015/12/24(木) 23:03:00|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<今年もありがとうございました | ホーム | マークⅡ AT不良修理 (故障診断の重要性!)>>

コメント

出来る工場ってのは、へんちくりんな故障を呼んでしまうんですね(爆)
  1. 2015/12/26(土) 10:35:00 |
  2. URL |
  3. トッカリモータース #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 出来る工場ってのは、へんちくりんな故障を呼んでしまうんですね(爆)

出来る工場かどうかはおいておいて、O2センサ不良だとなめていたのでビックリでした!
そして、へんちくりんな故障は札幌の某モータースの方が多い気がします(笑)
  1. 2015/12/26(土) 14:03:14 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

診断コネクタ

sg5 のクロススポーツNAですが、診断用コネクタは、ステアリングコラム下の16極でしょうか。でもこれはOBD2対応はしていないので、あるいは旧仕様の9極コネクタが運席周りにあるでしょうか?
ご存知あれば教えてください!
  1. 2019/07/06(土) 08:11:19 |
  2. URL |
  3. たっきー #-
  4. [ 編集 ]

Re: 診断コネクタ

たっきー 様

コメントありがとうございます。
OBD2は日本での義務化は2006年からですが、アメリカでは1996年、EUでは2001年から装着が義務化されています。
SG系だと2002年以降ですので、OBD2対応で16品ピンコネクタでの診断が可能なはずです。
  1. 2019/07/06(土) 15:39:25 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

診断コネクタの件(2)

コメントバックありがとうございます。
一般的なOBD2対応の機器を繋いでも作動しなかったので、SG5はOBD2非対応と思った次第です。車両側のOBDコネクタの端子配列がスバル独自だからでしょうかね。
それ以前のモデルにあった、9PINの診断コネクタはSG5にはないのでしょうか。
お手間でなければお知恵を!
  1. 2019/07/07(日) 08:35:50 |
  2. URL |
  3. たっきー #-
  4. [ 編集 ]

Re: 診断コネクタの件(2)

たっきー 様

コメントありがとうございます。
コネクタ自体はOBD2規格のものだと思いますが、端子の内容が異なります。
通常の診断機だとスバルを選択後に年式を選択で大丈夫なはずです。
ただし、コードリーダーやグローバルOBD2にしか対応しないものだと診られない可能性もあります。
メールを送らせていただきましたので、詳細はそちらでご確認ください。
  1. 2019/07/08(月) 08:58:13 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

センサー

こんばんは、お世話になってます、さすがです。私だったら抵抗測定ぐらいかな、交換して治らない、最終的には、ECUにたどり着くような。日本車でも、。?外車はさっぱり、触媒温度センサー系統、O2センサー系統B2、S3?触媒劣化?ネットで調べるがデーターモニターで確認、見方がわからない?また、お世話になりそうな予感、知らんけどって言われそう。
  1. 2019/09/08(日) 20:14:49 |
  2. URL |
  3. 佐藤オヤジ #c4qzEyZQ
  4. [ 編集 ]

Re: センサー

佐藤オヤジ 様

コメントありがとうございます。
「O2センサヒーター線断線」は大体O2センサの不良(ヒーター線断線)ですよね。
O2センサを交換すれば治るのがほとんどですが、弊社では必ずセンサの抵抗測定を行います。
測ったって6回測定すればOKですし、配線色を見れば1回で済みますから(笑)
この時は抵抗がOKだったのでユニットを疑いました。
こんな時にオシロは便利ですよね!
  1. 2019/09/08(日) 21:42:57 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/09/08(日) 23:10:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: オシロ

コメントありがとうございます。

普通のオシロの同軸タイプのプローブならアナログでもデジタルでも、メーカーが違っても互換性はあると思います。
ただし、自動車用のデジタルオシロ(同軸ではないヤツ)なんかですと専用品だと思います。
  1. 2019/09/09(月) 15:40:55 |
  2. URL |
  3. 須藤ヂャイアント商会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/28-6dcf7abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!
国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (68)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR