FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

カングー(KCK7J) ショックが出てAT警告灯点灯

ここ最近暑い日が続いております。 北国もいよいよ夏本番と言ったところでしょうか。

ただ、年をとってくると 「暑い」 と言うだけで疲れてしまいます(笑) ムチャができていた20代が懐かしい…


さて、カングー( KCK7J )のATの診断・修理です。

症状としては走行中にATの滑りやショックが出て、ATの警告灯が点灯するというものです。

実はカングーのATはシトロエン・プジョーグループと共同開発されています。

ミッション型式がルノーだとDPO、シトロエン・プジョーグループだとAL4となります。

実は、このATはカーメーカー問わずトラブルがかなり多いです。 ググっていただくとすぐわかるかと思います(笑)

事例としてはソレノイドバルブの不良が圧倒的に多いですが、検査もせずに交換するわけにもいきません。

警告灯が点灯するのでとりあえずはフォルトコードを呼び出してみます。 

出てきたフォルトコードは 「0167」 ・オイルプレッシャーレギュレーション

基本的なATF量の点検などを行い、テスト走行へ…

何度かATが滑る症状が出つつ、途中で後ろから追突されたような大きいショックとともにAT警告灯が点灯!

3速固定になりました。 一度キーをOFFにしてリセットした後、テスト走行を再開します。

やっぱり大きなショックとともに警告灯が点灯します。

このATはバルブボディに8個のソレノイドが付いていて、各シフトごとにON/OFFして変速しています。


CIMG2120.jpg


また、変速時に特定のソレノイドをON/OFFさせることでシフトショックを軽減しています。





録画したムービーを基に、一つずつ手書きでソレノイドの作動を追ってみました。

どうやら1速が Supply(以下S) ・ 3 ・ 4 、2速が S ・ 2 ・ 4 、3速が S 、4速が S ・ 1 ・ 2 のようです。

また、変速時に 5 ・ 6 を介入させてショックの低減などを行ってるようです。

ソレノイドの作動状況がわかれば、特定要素の問題なのか、全体に関する大元の問題なのかの切り分けです。


…つづく


スポンサーサイト



  1. 2016/07/14(木) 15:37:06|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お客様からのメール | ホーム | レガシィ(BLE) 5速ATの変速ショック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/37-a6ffd9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!
国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (75)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR