FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場のブログ

整備工場の日常や自動車整備のあれこれをブログに綴っています…

キャンター ブレーキ警告ブザーが鳴る

いやぁ~、毎日寒いですね! 冬です冬! とうとう冬がやって来ちゃいました!

ここ青森も先週初雪が降りました。 雪の予報はでていたけど、初雪だとなめてかかったら普通に積もりました(笑)

これから約4か月、冬将軍との壮絶なバトルが続きます。 負けないように頑張らなくっちゃ!


さて、ミツビシ・キャンター (FE437F) 、ブレーキ警告ブザーが直ぐに鳴るとのことで入庫です。

症状を確認すると、切り替えし時や車庫入れ時にブレーキを2,3回踏むだけでブレーキ警告灯が点灯しブザーが鳴ります。

確かにこのくらいの回数でこんな風になるのはどっかが故障しています。

大概の車のブレーキシステムは、マスターバッグという物が負圧を利用し、制動力のサポートを行っています。

が、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと違い、スロットルバルブが無いので吸入負圧を利用できません。

そこでバキュームポンプ (だいたいはオルタネーターに付属) で負圧を作ってマスターバックに負圧を供給します。

この負圧量が少なくなってしまうと、制動力の倍増が効かずにブレーキの制動力が不足します。

当然危険なのでブレーキ警告灯を点灯させ、かつブレーキ警告ブザーを鳴らして運転者に危険を教えるというわけです。

話が長くなりましたが、こんな症状の時は負圧がちゃんと作られていないか、負圧のリーク (大気の吸い込み) が原因です。

負圧がちゃんと作られていない時はバキュームポンプの不良です。

と言うことで、まずはアイドリング時のバキュームポンプの負圧を測定します。


CIMG3458.jpg


単純にポンプの能力を検査したいので、配管は遮断しています。

このコンパウンドゲージはゲージ圧表示なので、 「 0 Mpa 」 が大気圧で、赤いラインが負圧( バキューム )領域となります。

約95Mpaとほぼ真空なので、バキュームポンプの検査結果は OK です。

次にアイドリング状態でバキューム配管を接続します。


CIMG3453.jpg


負圧が約50Mpに低下しました。 この時点で負圧ライン内のリーク( 大気の吸い込み )が確定です。

エンジンを停止させると、直ぐにコンパウンドゲージの指針は下がっていきます。


CIMG3454.jpg


これでは連続したブレーキング時にバキューム不足でブレーキ警告灯点灯、ブレーキ警告ブザーが鳴るのも納得です!

不具合の理由がわかったら、直ったも同然、あとはリーク箇所を切り分けていくだけです。

バキュームラインを遮断しながら、不具合箇所を探していきます・・・

あっ、犯人見っけ!(笑)


CIMG3455.jpg


マニホールドアクチュエーターから負圧がリーク (大気の吸い込み) していました。 

おそらく中のダイヤフラムが破れているんだと思います。 


CIMG3457.jpg


マニホールドアクチュエーターを交換し、再度負圧測定を行い異常がないことを確認して終了です。

こんな感じの作業ですが、大事なことはきちんと 「 診断 」 「 検査 」 をすることなんです!


あまり大きな声で言っちゃうと業界から抹殺されちゃうかもしれないので、小っちゃい声で・・・(笑)

最近この 「 診断 」 と 「 検査 」 ができずに、 「 とりあえず交換してみましょう 」 と言う 「 整備士 」 ならぬ 「 勝負士 」 が 大量発生中です。

不必要な物や間違った物を交換されたり、直らないって言うことがないように 「 整備士 」 に診てもらうのが良いと思います!

くれぐれも 「 勝負士 」 に診てもらわないように(笑)

えっ!? 「 整備士 」 と 「 勝負士 」 の見分け方ですか?

きちんと理論だてた説明をできるかどうか、お客様の質問に明確に答えられるかどうかだと思います。



スポンサーサイト



  1. 2016/11/17(木) 22:17:41|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レガシィ 5速ATの変速ショック 番外編 | ホーム | 30プリウス ブレーキ不良 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/44-cf7edc60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
青森県黒石市にある自動車整備工場です。
「ひと手間を惜しまない」ことを大切に日々整備をしています。


Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく 
加盟工場

ルブテック・ジャパン特約店


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍

第15回全日本自動車整備技能競技大会アドバイザー部門第一位
第1回Bosch Car Service Japan Quality-Cup優勝
平成30年度青森県卓越技能者表彰受賞


診断技術に自信あります!

国産車から輸入車まで、幅広く対応しています。
輸入車は多数の整備実績があります。


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。

整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (88)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (31)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR