FC2ブログ

青森県黒石市 「ひと手間を惜しまない」自動車整備工場

整備工場の日常や自動車整備のあれこれを綴っています…

BMW・M3(E92) エンジン警告灯点灯

あっという間に11月も月半ば、今年も残すところ一月半です!

今年は冬の訪れが例年よりも遅い気がします。 青森にもまだ気の降る気配がありません。

平成最後の冬はどんな冬になるのでしょうか?


BMW・M3 (E92) がエンジンチェックランプが点灯したとのことで入庫です。

お客様に問診をさせていただくと、特にエンジン不調などは感じないがチェックランプが点くのが気になるとのことでした。

車をお預かりして早速診断に取り掛かります。

MaxiSySにてフォルトコードを確認すると 「2761」 インテーク側VANOS最大ストップ位置バンク2が記憶されていました。

データモニターでカムシャフトの位置を見てみると、確かにバンク2がずれています。


IMG_20181010_0002_011.jpg


これらのことから推測されるのは
・カムシャフトの位置を見ているセンサ (カムセンサ) に不具合がある
・カムシャフトの位置がずれている
のどちらかです。

まずはカムセンサの点検を行います。


DSC_0013_16.jpg


CH1 (青) がインテーク、CH2 (赤) がエキゾーストですが、キレイに波形が出ていて問題なさそうです。

次にインテークのVANOSソレノイドをバンク1とバンク2で入れ替えてみますが、こちらも問題なさそうです。

これでカムシャフト自体がずれるていることがわかりました。

エアコレクターを外し、カムカバーを外してカムシャフトを点検します。

カムシャフトを点検したところ、VANOS制御ユニットにガタがありました。 制御ユニット (写真赤丸部) の不良です。


111.jpg


バンク1はどうかというと、バンク2ほどではないもののやっぱりガタがあります。

両バンクの制御ユニット交換のお見積もりをお客様にお出しし、OKをいただいたので交換します。


CIMG2113.jpg


交換後はガタもなくなり、データも正常値に戻りました。


IMG_20181030_0003_0111.jpg


作業完了後に走行テストをしてみると、今まで以上の加速感が感じられました。 流石はM3!


今回は制御ユニットのパーツ代がかなり高価だったため、診断にはいつも以上に気を使いました。

また本文中では省いてますが、本当に制御ユニットで直るかどうかの検証もしてあります。

弊社では診断料をいただきますが、その裏付けにはこんな作業が行われています!



スポンサーサイト
  1. 2018/11/13(火) 16:04:26|
  2. 自動車整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平成30年度青森県卓越技能者表彰受賞 | ホーム | MINIクラブマン コーディング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://sgiant.blog.fc2.com/tb.php/81-79b3d172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まいどさまです

プロフィール

須藤ヂャイアント商会

Author:須藤ヂャイアント商会
Bosch Car Service
メカトロクラブみちのく
青森県黒石市の自動車整備工場です。


「ひと手間を惜しまない」ことをモットーに営業しています。


国家一級整備士・自動車整備技術コンサルタント在籍。
診断技術に自信ありです!


リンクにある弊社ホームページも是非ご覧ください。


整備スタッフ募集中です!

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備 (64)
電気自動車 (2)
プライベート (3)
未分類 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR